2011年4月19日

昨日・今日・明日 2

Filed under: 今日のダニー — tanita @ 11:05 PM

「ニューシネマパラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督が「題名のない子守唄」以来3年ぶりに放つ新作。
「ニュー・シネマ・パラダイス」や「マレーナ」と同じ過去を舞台にしたノスタルジックな作風であり、トルナトーレにとっては十八番的な作品 だが、このたびの作品は少し違う。2007年8月21日、ローマで、トルナトーレ監督は道を聞く振りを装った二人組の強盗に襲われ、頭部を負傷したが命に別状は無かった。しかしそのような体験をすると死生観が変わったりする。そして作った作品が監督の父、ペッピーノと監督の母となる美しい女性マンニーナとの愛が主軸の、二人の親の世代と二人の間に生まれる3人の子供たちと3世代に渡る長き物語。実に私的であり、イタリアの歴史ともリンクして、1930年代から1980年代にかけての監督が生まれ育った街バーリアを舞台にした作品なのだ。
昔の日本映画の巨匠たちは、それぞれの作品の“イロ”というのがあって、それを小津安二郎ならば「小津調」、黒澤明なら「黒澤調」といった。イタリアを代表する巨匠ジュゼッペ・トルナトーレも「トルナトーレ調」と言っていい独特の映画の“イロ”を持った監督だが、今回の作品も長年のパートナーであるエンニオ・モリコーネの音楽にのせて貧しくとも実に明るいシチリアの人たちを描く。
庶民が逞しく生きる、いやそうでなくては生きられない社会。なにがどうだということでなくてただ「トルナトーレ調」が見終わった後にじんわり沁みる。

 

2011年4月7日

昨日・今日・明日

Filed under: 今日のダニー — tanita @ 8:53 PM

今週は3本の映画が終わり、来週は3本の映画が始まる。と言うことは3本の映画を編集して、9日には3本の映画をばらして各地に送らなければならない。これは結構きつい。暗闇の中でコツコツとフィルムを切ったり貼ったり剥がしたり。その後上映が終わった夜に1本づつテスト映写をしなければならない。これを怠ると大変なことになる(ちゃんとやってもレンズ代わんなかったり、字幕切れたり、急に休憩入ったりと、たまに大変なことになりけれど)。昨日まずは「私の愛、私のそばに」のテスト。なぜにこれを一番手に選んだかと言うと急遽ATV青森テレビの「おしゃべりハウス」のランキング映画での電話紹介を頼まれたので見てしゃべった方がいいなぁとおもったもので。ハ・ジウォンが素敵な映画。プレスとか批評では韓国映画得意の難病モノのお涙映画的なことを書いていたけれど、さにあらず。韓国版「おくりびと」てきな映画です。とくにハ・ジウォンが明るく振舞うけなげな女性で素敵です。「チェオクの剣」「ファン・ジニ」の主役を務め大人気の彼女の違う顔が見れたのがこの映画。個人的にはスゲー美人の松本明子!似。そんなことを踏まえて朝9時半に電話でリハーサル。10時半に本番と相成りました。

2011年4月1日

がんばろう東北・がんばれ中三          中三ポイント券使えます。

Filed under: 未分類 — tanita @ 11:31 AM

中三ポイント券4枚で映画が見れます。

2011年3月27日

めちゃくちゃ熱い

Filed under: 今日のダニー — tanita @ 11:01 AM

やっとガソリン不足も落ち着き、久々に車で買い物に出かけた。少しだけ春を感じたくて、桜の状態も見ようかなと、少し赤みが出てきた桜の枝の桜川通りを経由してホームセンターへ。お昼は「康家」のチャーシューメンにしようと思っていたが、フレンチの「ノエル」の前を通ったら駐車場に車がいない。いつもならランチをしているオサレなオバ様たちがいっぱいなお店なのに。自粛自粛で、うちもそうだけれど震災以後沈みかえっている街。久々に、こっち側に来たら中心街だけではなかったんだねー。”よし!チャーシューメン変更。おしゃれにランチ!”ひげもそらず、頭ボサボサで犬の毛だらけののシャツで、おしゃれなフレンチを食す。
ここ「ノエル」は前は街中の海手の安方にあって、そのときからのお付き合い。キッシュとか、なんでも美味しいけれど豆関係の料理とラザニアがお気に入り。そしてここの特徴は熱い物は凄く熱い。スープなんて青森一熱い。ラザニアも熱い。猫舌な人は無理。ってくらい。でも、熱いものは”しっかり”熱く、焼くものは”しっかり”焼く。基本がしっかり妥協ない姿勢が料理に出ている。とっても、おいしゅうございました。


 えんどう豆の”すげー熱っう”スープと”メチャメチャ熱っう”魚介のラザニア

2011年3月24日

砂漠の花 本当の話

Filed under: 今日のダニー — tanita @ 10:39 AM

ソマリア出身の世界的トップモデル、ワリス・ディリーが波乱に満ちた半生をつづった自伝「砂漠の女ディリー」を映画化した伝記ドラマ。
13歳のときに祖父と同等年齢の老人と結婚させられそうになり、一人でアフリカの砂漠の中を逃げ出した。その後イギリスに渡りメイド、ホームレスその後マックの店員をしていた時にカメラマンにスカウトされてファッションの世界へ・・・。
こういうふうに”ざっと”あらすじを書くとスーパーモデルのサクセスストーリーのように思うかもしれないけれど、この映画は二面性がある。それは彼女の心と体の深い傷の過去。衝撃的な習慣の告発だ。
5歳のときに女性性器切除(「女性割礼」FGM)を施されたという。「女性割礼」FGM(female genital mutilation女性性器切除)ってなんだ?という人が日本では多いかもしれない。男の割礼はユダヤ教とかの儀式として知っている人はいるかもしれないが、女性の割礼があるとは。女性性器のクリトリスや包皮、外陰部の除去、切除、閉鎖(癒合)、ときには膣の切除などが組み合わされて行われ、アフリカ、中東、アジアなどの一部の開発途上国で、貞操、純潔の象徴として、現在もまだ行われている。
FGMを行う理由としては、結婚に備えて純潔・貞節を守らせるための処女性、男性への従属や従順さの証、美的外観の形成、性や出産にまつわる言い伝えや教えなど究極の女性差別といえる慣習。
彼女はアフリカの大地で教育を全く受ける事が無いままに成長し、自ら運命を切り開いて社会的な地位を確立し、それにとどまらず国連の大使としてFGMの廃絶に向けて活動している。砂漠に咲いた花は、力強く美しい。

監督: シェリー・ホーマン
出演: リヤ・ケベデ, サリー・ホーキンス, ティモシー・スポール
 < 3/26~4/8>

ケーキ屋さん

Filed under: 今日のダニー — tanita @ 9:57 AM

コアンドルとは“街角”の意味。東京の洋菓子店を舞台に、伝説のパティシエと上京したてのケーキ屋の娘が、人生の挫折を乗り越えて再生していく姿を描く感動ストーリー。
監督は深川栄洋(”よしひろ”と読みます。FMでラムちゃんに突然突っ込まれた時読めなかった・・) 「白夜行」「半分の月がのぼる空」「60歳のラブレター」など最近作りまくっています。そして出演は江口洋介, 蒼井優, 戸田恵子、加賀まりこ、そして御大(おんたいと読みます。)鈴木瑞穂までも出ています。
蒼井さんが演じるなつめの奮闘ぶりに、あなたの心も前向きに。監督は頑張る姿は美しいという事を描きたかったそうです。
そしてもう一つの主役がケーキ。苦悩や挫折、ほろ苦い人生を癒してくれるのは甘いスイーツ!キラキラ輝いて見えます。ショート・ケーキ、エクレア、ミルフィーユ、マカロン、マドレーヌ、カシスフロマージュ、タルト・・・
映画を観て優しい気持ちになれます。“幸せ”を感じさせてくれます。自分へのご褒美に、明日への活力に、ホッとひと息つくために…
みんなガンバロウ

 

2011年3月20日

「洋菓子店コアンドル」と「デザートフラワー」フィルム無事に来ました!

Filed under: 未分類 — tanita @ 12:23 PM

上映時間アップしました。

よかったよかった

Filed under: 今日のダニー — tanita @ 12:20 PM

震災による物流マヒで来週から上映予定の「洋菓子店コアンドル」と「デザートフラワー」二本のフィルムが到着未定だったが無事青森に到着。これで来週も映画を上映できる。
この震災で、たくさんの人々が艱難辛苦にあえいでいる。今できることは、ここでいつものように映画を写すこと。心に映画の力を、うるおいを。

2011年3月19日

やっとパソコン回復

Filed under: 今日のダニー — tanita @ 5:32 PM

震災で、会社的に唯一被害というか、支障をきたしていたのがパソコン。突然の停電でそれから立ち上がらなくなって1週間。毎日電源を入れてみるも、チェックナントカの画面が現れて何十何パーセントてずうーーーーっとチェック。何やっても答えてくれず、この野郎!って強制終了。しばらくしたら、また電源入れてもまたチェックなんとか。まいったなー。そうだ説明書になんか書いてないか・・あった・・・・・・やったー!なおる。
USB外して立ち上げただけだけど、なぜかは知らないけどなおってよかった。メールが山ほど来てるし。その仕分けにも参った。

2011年3月18日

今回の大震災により、全国各地で被災された方々に対し、心からお見舞い申し上げます。

Filed under: 未分類 — tanita @ 9:21 AM

シネマディクトは人・建物・映写機・フィルムすべて無事です。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...54 55 56 Next

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト