2003年6月5日

「よりみち」

Filed under: 奈良屋通信 — dict @ 12:00 AM

東銀座歌舞伎座向かい鏡張りの湾曲している
のがUIP のビル、 おくのエンジのラインが入った
ビルが松竹本社。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画配給会社のラインアップ発表(これから一年間公開される予定の映画の説明会)はメジャー・インディペンデントともに、UIPみたいに、なんにもしな いところもあるし(これには理由があるのだが)、20世紀FOXのようにちゃんとDVDまで送ってくれる会社もある。今回の出張(といっても、もう一ヶ月 も前だけど)もヘラルド映画のラインアップ発表と何本かの映画の試写と各社との秋以降の映画の打ち合わせが主たる目的だった。でも今回は個人的な目的も一 つ“寄席”に行くというのがあった。

仕事の一つは、これを見に行きました。

生 涯の友・芸術家ぺぺ中村がFAXで「小さんまつり」があるというのを送ってきた。東京に行くまでは行けるかどうかわからなかったけど“思いがけず”時間が 空いたので試写一本トバシテ(ごめんSさん)新宿末広亭へ久しぶりに行った(15年ぶりくらいか)。末広は、そこだけ何も変わらず大学生の時によく通った 末広そのままだった。

久々の新宿末広亭です。柳家小さん一周忌で”小さんまつり”をやってました。

小 さん祭りは柳家小さん一門が小さんの一周忌を祝う?記念の寄席でこの日は柳家若手の会。孫の花禄もよかったがその後の喬太郎が“俺も柳家だったんだ”なー んてフリや“ジパング”の田中耕一さんと“RAB”の営推の名物男・江戸さんを、たして二つに割った感じの顔と物凄くクダラナイ新作落語がおもしろかっ た。そしてトリの市馬がじっくり「大工調べ」を、まさかと思ったがしっかり最後の方までちゃんとやったのには恐れ入った(最後のお白州の場面を聞いたのも 15年以上ぶりか)。志ん朝が死んで、小さんが死んで、談志が変で、なんか落語も死んじゃったみたいな感じを持っていたけれど、久しぶりに寄席で聞いた落 語は心地よく、とりわけ若手の落語家の新作・古典、両方とも大いに結構な芸で、なんか安心した。まだまだ落語の未来はある。

末広の中。はじめて二階に上がった。

そ んなこと思いながら新宿のNEWダグで中村と待ち合わせ、いつものように白ビール飲んで待っていたが中々来ない。二杯目飲んでいたら“谷田さん中村さんか ら電話”ダグで待っていたって。その後ダグでワイン一本飲んで、ゴールデン街の奈美ちゃんとこで又ワイン飲んで焼酎飲んで出張の一日目は明けるのでした。 色気ね―な。でも、いつもこんな感じ。仕事もしていますからアシカラズ。

2003年5月4日

「メンテナンス!メンテナンス!ヤホー!ヤホー!」

Filed under: 奈良屋通信 — dict @ 6:22 PM
さあ暗闇の中はじめましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンテナンス!メンテナンス!ヤホー!ヤホー!

なぜか、とてもテンションが高いのはわけがあります。
東京からビクターの技術陣!がシネマディクトの映写機と音響のメンテナンスにやってきました。映画の上映が終わってから(正確にはちょっと前から)4台あ る映写機をまずはギヤの部分のオイルを抜いて新しいオイルと交換。フイルムのミシン部分をきれいに掃除して、キセノン・バルブ(映写機の電球です)とミ ラーとレンズを磨き、ほこりを取ります。オプティカル(映像)部分ではシャッターのチェック、画面のチェックをテストフィルムをかけて(TVのテストパ ターンみたいなやつ)ビスタ・シネスコ・スタンダードの枠のチェックをします。電気系統は、たくさんあるリレーの交換・点検とパイロット・ランプの交換・ 点検をしてます。そして音響のチェックまずはドルビーのプロセッサーを開けSRのチェック、SRDのチェック、SRD・EXのチェック、DTSのチェック &調整、ランプの取り替えとスピーカーバランスのチェック・調整と終了したのがAM5:30。白々と夜が明けていました。おつかれさんでした。もちろん僕 もいました自分にもお疲れさん。

ドルビーの点検・調整。

DTSの調整。

劇場内でスピーカーのバランス調整。

SR-D・EXの内部、これで微調整をします。

 

2003年5月1日

Filed under: Dict NEWS — dict @ 12:00 AM

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ディクト・マガジン No.27

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

楽しい映画・素敵な映画・心に沁みる映画を貴方のもとに 
ディクト・マガジン 2003年5月号
http://www.cinemadict.com/ 》 
【目次】
(1). 5月の上映作品!
(2). 次回作 紹介
(3). プレゼント当選者発表!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
桜も散り木々の緑が眩しくなってきました。

春のシネマディクトは見ごたえある作品いっぱいです。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(1). ☆只今上映中☆ 
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 
<ロードショー公開中!5月16日迄の上映です>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/catchthem/jump002.html
「ネメシス/S.T.X」 

<ロードショー公開中 5月9日迄!>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/nemesis/index.htm

「スピリット」 

<ロードショー公開中 5月9日迄!>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/spirit/index.htm

(2)次回作紹介

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ゴスフォード・パーク」 やっぱり映画館で見なきゃね
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

23の映画賞受賞した名作の誉れと重厚な輝きをスクリーンで!

<5月3日~5月9日迄 1weekだけの公開です>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/gosfordpark/index.htm

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「シャーロット・グレイ」 聡明なロマンス、そして強い心
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
第二次大戦中、運命に翻弄されながらも恋とレジスタンスの中で、新たなアイデンティティを見出すヒロイン、シャーロット

主演:ケイト・ブランシェット
監督:ジリアン・アームストロング

<5月10日~5月16日迄 1weekだけの公開です>
□OFFICIALSITE
http://www.uipjapan.com/charlotte/index.htm

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「メイド・イン・マンハッタン」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ミュージシャン、女優ジェニファー・ロペス最新作!
NYマンハッタンにある五つ星ホテルの客室係と大統領候補。運命のいたずらと人違いによって出会った二人は互いに惹かれあうが、あまりにも違いすぎる身分、境遇というシビアな現実を前にして・・。

<5月10日ロードショー公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「めぐりあう時間たち」 まるで別人のようなニコール・キッドマン
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
時を越えて、同じ6月に企画される三つのパーティ。三つの時代に生きる3人の女性、やがて「ダロウェイ婦人」に誘われ一つの物語に紡がれていく・・付け鼻とCGによる特殊メークでヴァージニア・ウルフになりきったニコール・キッドマンめでたく念願のオスカー獲得。メーキャップ賞もくれれば良いのに鼻の継ぎ目にCG使ったからだめなんだって。

出演:ニコール・キッドマン、メリル・ストリープ、
ジュリアン・ムーア、エド・ハリス、
監督:スティーブン・ダルトリー<リトル・ダンサー>

<5月17日ロードショー公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.jikantachi.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「僕のスィング」 小さな恋の夏休み
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ガッジョ・デーロ」「ベンゴ」のトニー・ガトリフが描くロマ文化に関わる最新作。
ジプシーギターに心奪われた、そばかす顔の少年マックスと黒い大きな瞳の娘スウィングのひと夏の恋の物語。ジプシー音楽とスウィング・ジャズの融合したマヌーシュ・スウィングを生んだ「ギター弾きの」のモデルでもあるジャンゴ・ラインハルトが思いっきり陽気にギターを響かせる。

<5月17日~5月23日1weekだけの公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.my-swing.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「8Mile」ラップ界のスーパースター、エミネム主演。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

その人種差別的、かつ挑発的な発言が常に物議をかもす白人ラッパー、エミネムの伝記的映画。「8マイル」とはデトロイトに実在する“道”。街の境界線であるとともに貧富や人種を分断するライン。
監督:カーティス・ハンソン<LAコンフィデンシャル>
主演:エミネム、キム・ベーシンガー
<5月24日ロードショー公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ヘブン」再びケイト・ブランシェットの魅力に触れる
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
切なく胸を打つ至高のラヴ・ストーリー
あの日、美しい英語教師と、心優しき刑務官は出会った。

<5月31日~6月13日迄2week公開>
□OFFICIAL SITE

http://www.heaven-movie.com/
*6月以降公開作品 紹介
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ぼくんち」 シアワセって、どこにある?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
シアワセは、あったかいゴハンの中にあるとおもう。うらぶれた島でビンボーだけどたくましく生きる一太と二太の兄弟ある日、家出していたかあちゃんが、かの子姉ちゃんを連れて帰ってきた。
西原恵理子のベストセラー「ぼくんち」を坂本順治監督が観月ありさを主役に映画化。笑って、泣いたら元気が出る。
ハート・ウォーミィング・ムービー

<6月14日~6月27日迄 2week公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.bokunchi.jp

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「歓楽通り」サン・ローランのミューズ、レティシア・カスタ主演 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
無償の愛と酔いしれるような官能の舞台、巴里最後の娼館”オリエンタル・パレス”。そこは一夜限りの愛が行き交う場所。私恋しているの・・薄幸の娼婦マリオンと、数奇な運命を生きたプチ=ルイの、美しくも哀しい愛の物語。

<6月14日~6月27日迄2week公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.cinemaparisian.com
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ボウリング・フォー・コロンバイン」シェイム・オン・ユー!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
本年度アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー受賞!
今アメリカでもっとも影響力を持つジャーナリスト、マイケル・ムーアー。マイク片手にアポなし突撃取材で全米を震撼させたコロンバイン高校銃乱射事件を入り口にアメリカ銃社会を斬っていく。なぜコロンバイン事件は起きたのか?
なぜアメリカで銃撃事件が多発するのか?
こんなアメリカにだれがした?

<6月28日~7月11日迄 2week公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.gaga.ne.jp

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「裸足の1500マイル」お母さんに、会いたい・・。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
故郷への道なき道を駆け抜けた、少女たちの勇気の物語。
オーストラリアの悲しい傷跡として語られる先住民アボリジニーの秘められた実話。引き裂かれた親子の真実。

<7月5日~7月18日迄 2week公開>
□OFFICIALSITE
http://www.gaga.ne.jp

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ぷりてぃ・ウーマン」このカイカン、一度知ったらやめられない
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
実在するおばあちゃん劇団がモデルのスーパーフィクション!
平凡なおばあちゃんたちが、幾多の困難を乗り越え、劇団を旗揚げするまでの涙あり笑いありのハートフルな物語。あきらめなければ夢は逃げない。

出演:淡路恵子、正司照枝、馬渕晴子、イーデス・ハンソン、

<7月12日~7月25日迄2week公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.cqn.co.jp/prettywomen/index.html
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「24アワー・パーティ・ピープル」世界が変わる音を聞け! 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 
興奮と熱狂!伝説のマンチェスター・ムーブメントを創った、冴えない天才たちの放つ一瞬の閃光!熱くなる青春映画が登場。72年イギリス・マンチェスター。まだ無名だったセックス・ピストルズの一晩だけのライブに集まったのはたった42人。しかし、それは「何かの始まり」だった。

<7月19日~8月1日迄2week公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.gaga.ne.jp
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「茄子 アンダルシアの夏」忘れなれない夏が来る

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「千と千尋の神隠し」の作画監督、高坂希太郎、監督デビュー作
誰も見たことのない“自転車エンタテインメント”誕生。
熱狂的なファンをもつ黒田硫黄の世界、完全映画化!
<7月26日ロードショー公開予定>
□OFFICIAL SITE
http://www.asmik-ace.co.jp/cinema/index.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ハルク」また新たにアメリカンコミックのヒーローが登場
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
あの「超人ハルク」が名匠アン・リーにより単なるヒーローものではなくモンスターの悲しみやロマンスまでも描き出される。


監督:アン・リー
出演:ジェニファー・コネリー

<8月2日ロードショー公開>

□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「さよならクロ」誰からも愛された世界一幸福な犬の物語
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ある日、野良犬がそのまま学校に住み着き、クロと名付けられ10年余りの生涯を学校で過ごした。構内を自由に闊歩し守衛さんの夜警に付き添い、時には職員会議にまで参加し、職員名簿にも番犬として記載されたクロ。
4800人の青春を共に生きた一匹の犬とその存在に勇気づけられ、励まされた生徒や職員たちとの心の交流を温かく描いた感動作。

監督:松岡錠司
出演:妻夫木聡、新井浩文、伊藤歩、
<8月9日公開予定>
□OFFICIAL SITE
http://www.sayonara-kuro.com

(3).4月のプレゼント当選者発表!
「5月の招待券」当選者
岩崎 千絵美 様
永田あけみ 様
横山なおみ 様
成田嘉代 様
船橋 秀逸 様
以上の皆様に当たりました。おめでとうございます。
・5月のプレゼントは

6月のチケット・プレゼント&春のプレス・プレゼントです。
===============================================================
購読の解除は購読中のメールアドレスをご記入の上、
dict@cinemadict.comまでご連絡下さいませ。
===============================================================
【編集後記】先日仕事で東京に行ってきました。夜時間が空いたので久々に新宿末広亭へ行き五代目柳家小さん追善興行“小さん祭り”の若手の会の噺を聞きに行ってきました。仲入りの少し前に入った末広は、僕が知っている、末広ではなく盛況で初めて二階へ案内されて(床が抜けたらどうしようと思ったくらい)後ろの方で折りたたみの腰掛に座り久々に寄席の雰囲気に浸りました。孫の花緑もよかったですが、その後の喬太郎の新作がバカバカしくっておもしろかったし、トリの柳亭市馬の「大工調べ」が堂々としたもので、最後までやったのもよかったです。志ん朝が死んで、小さんが死んでこれからの落語はどうなるのだろうと思っていましたが(談志は生きているけど)、久々に寄席でちゃんとした噺を聴いたら意外と大丈夫かもと思い、新宿の夜に溶けに行きました。

谷田恵一

===============================================================
電子メールマガジン『ディクト・マガジン』2003年5月号
企画・制作:株式会社 奈良屋劇場
発行責任者:谷田恵一
URL :http://www.cinemadict.com/
MAIL: dict@cinemadict.com
==============================================================

2003年4月1日

Filed under: Dict NEWS — dict @ 12:00 AM

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ディクト・マガジン No.26

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

楽しい映画・素敵な映画・心に沁みる映画を貴方のもとに 
ディクト・マガジン 2003年4月号
http://www.cinemadict.com/ 》 
【目次】
(1). 4月の上映作品!
(2). 次回作 紹介
(3). プレゼント当選者発表!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東奥日報の夕刊に毎月一回“ダニー谷田”というふざけた名前で「映画みたいナ」というコラムを書いています。なぜダニーかといえば往年の名優ダニー・ケイと
昔からのあだ名“タニケイ”からとってつけました。でも評判とっても悪いです。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(1).☆只今上映中☆ 
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 
原作者で実在の主人公であるフランク・アバグネイルも、ちょっとだけ出演しています。平和で輝いていた1960年代のアメリカがとても良い感じ。当時パン・アメリカン航空(「兼高かおる世界の旅」でお馴染み・・古すぎる?)のパイロットは「グッド・ラック」のキムタクの比じゃないくらいのヒーローでスーパースターだったんですね。
監督:スティーブン・スピルバーグ

出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス
<ロードショー公開中!>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/catchthem/jump002.html
「タキシード」
スピルバーグがジャッキーに“君にしかできない作品がある”と口説き落としたドリーム・ワークスの作品。オリジナルの字幕スーパー版は、なんと東北では仙台フォーラムとシネマディクトだけの上映です。
出演:ジャッキー・チェン、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット
<4月11日迄の公開>.
□OFFICIAL SITE
http://www.dreamworks.com/thetuxedo/ 
「ピノッキオ」 ラジー賞・最悪主演男優賞獲ったけど・・
アメリカ人には、やはりディズニーの「ピノキオ」でなくてはいけないのでしょうが、こちらも原作の国の意地があります。50歳だろうが一人でしゃべくり捲りだろうが故フェデリコ・フェリーニが夢見た世界を受け継ぎオールイタリアンの最高のスタッフ、キャストでロベルト・ベニーニが監督・脚本・主演で魅せます

<4月18日迄公開>こちらもオリジナル字幕スーパー版で公開中
□OFFICIAL SITE
http://www.love-italy.net/pinocchio
(2).次回作紹介
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「アイリス」 これぞイギリス映画・数々の映画賞に輝く、真実のラブ・ストーリー
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
積み重ねる歳月と共に形はさまざまに変わりながらも、決して消えない愛。アルツハイマーという悲しい運命に愛だけを武器に立ち向かう夫ジョン。それは人はどこまで人を愛せるのかという永遠の問いかけへの、傷だらけで美しい回答だった。
2002アカデミー賞助演男優賞受賞ジム・ブロードベント
主演:ジュディー・デンチ、ケイト・ウィンスレット
<4月5日~4月18日迄 公開>
4月5日~4月11日迄の上映時間→11:00、15:50、20:40
4月12日より時間、回数変更。
□OFFICIAL SITE
http://www.shochiku.co.jp/iris
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ネメシス/S.T.X」 ギリシャ語で<復讐の女神><最強の敵>の意味
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スター・トレック・ネクストジェネレーション・シリーズ最新版!最終章!ピカード館長危うし。自己の内なる悪魔クローンとの戦いの始まりが地球の運命をも担う、凄まじい戦いになっていく。シリーズ最大級のド派手な宇宙戦闘シーン、息つく暇もないアクション。スタートレックをまったく知らない人が楽しめる映画エンタープライズミニ・モデルキーホルダー(プレミア・クリアバージョンもあります)
付き前売券発売中!
<4月12日ロードショー公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/nemesis/index.htm
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「Jam Films」 短くてもイケる。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
日本映画史上前代未聞、誰も見たことない新しいコンピレーション・ムービー7人の実力派監督がそれぞれの個性、クリエイティビティを最大限に発揮した7本のオリジナル作品を1本にまとめたのがamFilmsだ。
飯田譲治X大沢たかお、岩井俊二X広末涼子、北村龍平X魚谷課佳苗、
篠原哲雄X山崎まさよし、堤幸彦X佐々木蔵之助、望月六郎X吉本多香美、
行定勲X妻夫木聡
<4月19日~5月2日迄 2week公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.details:jam-films.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「スピリット」 スピルバーグのドリーム・ワークスが贈るアニメーション
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
荒々しい野生馬が未開のアメリカの大平原を旅し、やがて古き西部で伝説的な存在になるまでを描くアニメ。この映画の主人公は、野生の馬という姿を借りた魂(スピリット)である。同時に野生馬は自由で力強い者の象徴である。
見た目の面白さや、キャラクターが先行したアニメーションとは一線を画し、馬たちにはセリフは一切ない。
<4月19日ロードショー公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/spirit/index.htm
*4月以降公開作品 紹介
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ゴスフォード・パーク」 お待たせいたしました。やっと公開します。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
23の映画賞受賞が物語る名作の誉れと重厚な輝きをスクリーンで!!
<5月3日~5月9日迄 1weekだけの公開です>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/gosfordpark/index.htm
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「シャーロット・グレイ」 はっきりいってケイト・ブランシェット好きです。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
第二次大戦中のロンドンで看護婦としてごく当たり前の生活をしていた女性がフランス語が堪能だったことから、占領下のフランスに渡る。最初の目的は行方不明の恋人のパイロットを探すことだったが・・。
<5月10日~5月16日迄 1weekだけの公開です>
□OFFICIALSITE
http://www.uipjapan.com/charlotte/index.htm
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「めぐりあう時間たち」 ニコール・キッドマン 祝!アカデミー主演女優賞受賞!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
時を越えて、同じ6月に企画される三つのパーティ。一つは1963年のロンドン、「ダロウェイ婦人」執筆中のヴァージニア・ウルフが姉とお茶を楽しむために催す。
一つは1949年、読書狂で「ダロウェイ婦人」を読む妊娠した主婦ローラが夫のために考えるホーム・パーティ。そして現代のニューヨーク、エイズで死に行く友人の作家を元気付けるために、編集者クラリッサはパーティの企画に知恵を絞る。
三つの時代に生きる3人の女性、やがて「ダロウェイ婦人」に誘われ一つの物語に紡がれていく・・
<5月17日ロードショー公開> 監督:スティーブン・ダルトリー<リトル・ダンサー>
□OFFICIAL SITE
http://www.jikantachi.com/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「メイド・イン・マンハッタン」 それはひとつの嘘からはじまった・・・。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ミュージシャン、女優と二つの顔をもつジェニファー・ロペス最新作!
NYマンハッタンにある五つ星ホテルの客室係と大統領候補。
出会うはずのないv二人に訪れた恋の予感。
<5月10日ロードショー公開予定>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/spirit/index.htm
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ライフ・オブ・デヴィット・ゲイル」 アラン・パーカー監督最新作。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
主演:ケビン・スペーシー、ケイト・ウィンスレット
<5月17日ロードショー公開予定>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「8mail」ラップ界のスーパースター、エミネム主演。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「8マイル」とはデトロイトに実在する“道”。街の境界線であるとともに貧富や人種を分断するラインでもあった。そこにトレーラー・ハウスに住みヒップホップを通してどん底の暮らしから脱け出すことを夢見る白人青年の物語。
監督:カーティス・ハンソン<LAコンフィデンシャル>
主演:エミネム、キム・ベーシンガー
<6月14日ロードショー公開予定>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「歓楽通り」サン・ローランのミューズ、レティシア・カスタ主演 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
無償の愛と酔いしれるような官能の舞台、巴里最後の娼館”オリエンタル・パレス”。そこは一夜限りの愛が行き交う場所。
私恋しているの・・薄幸の娼婦マリオンと、数奇な運命を生きたプチ=ルイの、美しくも哀しい愛の物語。
<6月14日~6月27日迄公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.cinemaparisian.com
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ボウリング・フォー・コロンバイン」シェイム・オン・ユー!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
本年度アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー受賞!
今アメリカでもっとも影響力を持つジャーナリスト、マイケル・ムーアー。
マイク片手にアポなし突撃取材で全米を震撼させたコロンバイン高校銃乱射事件
を入り口にアメリカ銃社会を斬っていく。なぜコロンバイン事件は起きたのか?
なぜアメリカで銃撃事件が多発するのか?こんなアメリカにだれがした?
<6月28日~7月11日迄 2week公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.gaga.ne.jp
(3).3月のプレゼント当選者発表!
「4月の招待券」当選者
本間典子 様
平井千恵美 様
工藤憲子 様
柳原綾子 様
佐々木 聡子 様
以上の皆様に当たりました。おめでとうございます。
・4月のプレゼントは5月のチケット・プレゼント&春のプレス・プレゼントです。
===============================================================
購読の解除は購読中のメールアドレスをご記入の上、dict@cinemadict.comまでご連絡下さいませ。
===============================================================
【編集後記】月末。しかも週末に前歯が一本とれて歯欠け爺になってしまった。いつも行く歯医者も休み。べつに病むわけではないので、へいきといえばへいきだけど、まわりから口あけるな、こっち向くな、と歩く吉本興業みたいに、なにもしなくても笑いをふりまく変なおじさんになってしまった。
ただ、さし歯が1本とれただけなのに、こんなにも、普段よりもうけるなら、このままにしようかなと思ったりして。
===============================================================
電子メールマガジン『ディクト・マガジン』2003/4月号
企画・制作:株式会社 奈良屋劇場
発行責任者:谷田恵一
URL :http://www.cinemadict.com/
MAIL: dict@cinemadict.com
===============================================================

2003年3月1日

Filed under: Dict NEWS — dict @ 12:00 AM

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ディクト・マガジン No.28

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

楽しい映画・素敵な映画・心に沁みる映画を貴方のもとに 
ディクト・マガジン 2003年6月号
http://www.cinemadict.com/ 》 
【目次】
(1). 6月の上映作品!
(2). 次回作 紹介
(3). プレゼント当選者発表!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月は「あおもり映画祭」のAIR2003で自主制作映像の作品の審査員や、弘前大学人文学部での講義など初めてのことが続きます。なんでもかんでも引き受けてしまって良いのだろうか・・・。まっいいか、なんとかなるだろう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(1).☆只今上映中☆ 
「めぐりあう時間たち」 
何度も観たい人のためにリピート割引実施中!
<ロードショー公開中!>
□OFFICIAL SITE
http://www.jikantachi.com/
「8Mile」
アメリカ音楽界のスーパースター”エミネム”の半自伝的サクセス・ストーリー
<ロードショー公開中!>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/8mile/index.htm 
「メイド・イン・マンハッタン」 
こちらもアメリカ・ヒスパニック系の女王様ジェニファー・ロペス主演サントラもノラ・ジョーンズはじめご機嫌なナンバーで物語を盛り上げます。
<6月6日迄公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/manhattan/index.htm
「ヘヴン」
ケイト・ブランシェット&トム・ティクヴァ監督『ラン・ローラ・ラン』が贈る切なく胸を打つ至高のラヴ・ストーリー
<6月13日迄公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.heaven-movie.com/
(2).次回作紹介
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「歓楽通り」パトリス・ルコントが誘う、1945年の巴里、艶やかな姿態 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
パリ最後の娼館オリエンタル・ハウス。そこに生きる薄幸の娼婦マリオンと数奇な運命を生きたプティ=ルイの、美しくも悲しい愛の物語。引退したイヴ・サンローランの最後のミューズ、レティシア・カスタ主演
<6月14日~6月27日迄 公開>
http://www.cinemaparisian.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ぼくんち」 シアワセは、あったかいゴハンの中にある。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
西原理恵子原作・観月ありさ主演・阪本順治監督
うらぶれた島の町を舞台に、フツーのシアワセを求めるフツーでない家族と奇妙な隣人たちが繰り広げる、笑って泣いて元気になる、とびっきりのハートウォーミング・ムービー!
<6月14日~6月27日まで公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.bokunchi.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ボウリング・フォー・コロンバイン」 イラク戦争は終わったみたいだけど
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
本年度アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー受賞!
今アメリカでもっとも影響力を持つジャーナリスト、マイケル・ムーアー。
マイク片手にアポなし突撃取材で全米を震撼させたコロンバイン高校銃乱射事件を入り口にアメリカ銃社会を斬っていく。なぜコロンバイン事件は起きたのか?
なぜアメリカで銃撃事件が多発するのか?こんなアメリカにだれがした?
<6月28日~7月11日迄 2week公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.gaga.ne.jp/bowling/
◎7月以降公開作品 紹介
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「裸足の1500マイル」 お母さんに会いたい。2400キロの道程
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
オーストラリアの先住民アボリジニの悲しい歴史。
「盗まれた世代」と呼ばれるオーストラリアの悲しい傷跡”隔離同化政策”
の真実の物語。
<7月5日~7月18日迄 2week公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.gaga.ne.jp/hadashi/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ニューヨーク最後の日々」 アル・パチーノ&ロバート・レッドフォード
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
NYのメディア業界を舞台にアル・パチーノがボロボロになり生き抜いていくパブリシスト(スターたちの段取屋)を演じる。レッドフォードがプロデューサーとして都会のヒューマンドラマを製作。
出演:アル・パチーノ、キム・ベイシンガー、ライアン・オニール
<7月5日~7月18日迄 2week公開>
□OFFICIALSITE
http://www.ny-movie.jp
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ぷりぃてぃ・ウーマン」 あきらめなければ、夢は逃げない。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
実在するおばあちゃん劇団がモデルのスーパーフィクション。
ナメてもらっちゃ困るってんだよ!
私たちが主役じゃなきゃ日本は潰れちゃうよ!
出演:淡路恵子、イーデス・ハンソン、風見章子、正司照枝、馬渕晴子
<7月12日~7月25日迄2week公開> 
□OFFICIAL SITE
http://www.cqn.co.jp/prettywomen/index.html
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「24アワー・パーティ・ピープル」 世界が変わる音を聞け!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
興奮と熱狂!伝説のマンチェスター・ムーヴメントを創った、冴えない天才達の放つ一瞬の閃光!熱くなる青春映画が登場。
まだ無名だったセックス・ピストルズの一晩だけのライブに集まったのはたった42人。しかしそこで「何かの始まり」を目撃した若者達は、その衝撃から新しいミュージック・ムーヴメントを作り始める。
<7月19日~8月1日迄2week公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.gaga.ne.jp/24hour/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「WATARIDORI」 ジャック・ペラン監督最新作。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
それは、”必ず戻ってくる”という約束の物語。撮影期間3年、世界20ヶ国以上を訪れ、100種類もの渡り鳥の旅物語の映画。CGなんかいらない。多くの危険と戦いながら旅をする鳥達の本当の姿。
<7月19日~8月1日迄2week公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.wataridori.jp/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「茄子 アンダルシアの夏」忘れなれない夏がくる
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「千と千尋」の作画監督、高坂希太郎、待望の監督デビュー!
空前の自転車ブームの中誰も見たことのない”自転車エンタテイメント”
<7月26日ロードショー公開>
□OFFICIAL SITE
http://nasu-summer.com/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ハルク」監督:アン・リーが贈る アメリカン・コミックの実写映画化!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
出演:エリック・バナ、ジェニファー・コネリー、ニック・ノルティ
<8月2日ロードショー公開予定>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/hulk/flash.htm
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「さよならクロ」 涙の数だけ思いではきらめく
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
一匹の野良犬が学校にやってきた
[名前:クロ 住所:秋津高校用務員室 職業:番犬]
その日から4800人の青春と共に生きた世界一幸せな犬の物語。
<8月9日~8月29日迄公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.sayanara-kuro.com
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ハウ・ツウ・ザ・ルーズ・ガイ10デイズ」10日間で男を上手にフル方法
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
出演:ケイト・ハドソン、マシュー・マコノヒー
<8月9日ロードショー公開予定>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/10days/index.htm
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ワイルド・スピード2」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
出演:ポール・ウォーカー、タイリース、デヴォン青木
<8月23日ロードショー公開予定>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/

(3).5月のプレゼント当選者発表!
「6月の招待券」当選者
小野 篤子様
木口かつのぶ様
小笠原ひとみ様
松本泉様
工藤直子様
以上の皆様に当たりました。おめでとうございます。
・6月のプレゼントは7月のチケット・プレゼントです。
===============================================================
購読の解除は購読中のメールアドレスをご記入の上、
dict@cinemadict.comまでご連絡下さいませ。
===============================================================
【編集後記】ちょっと前、弘前大学人文学部の森先生と酒飲んでいて映画の話をしてたら「うちの学生にも」という感じで話されて、気軽に”いいでっせ”てな、かんじで即答!次の日メールで正式に依頼が来て、ちょこっと不安になり、そのうち弘大の学務課から履歴書提出依頼が来て出したらハンコついてないと再提出(生まれて初めて履歴書なるものを書いたもので・・)心配になってきた。そして国立(クニタチではない)弘前大学から人事異動(どっから異動するのだろうこの場合)なる賞状みたいな立派な紙が来て非常勤講師に命ず!(一回だけなのに)時給6000円だと。
ますます心配。こりゃ大変だ!
===============================================================
電子メールマガジン『ディクト・マガジン』2003/6月号
企画・制作:株式会社 奈良屋劇場
発行責任者:谷田恵一
URL :http://www.cinemadict.com/
MAIL: dict@cinemadict.com
===============================================================

Filed under: Dict NEWS — dict @ 12:00 AM

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ディクト・マガジン No.25

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

楽しい映画・素敵な映画・心に沁みる映画を貴方のもとに 
ディクト・マガジン 2003年3月号
http://www.cinemadict.com/ 》 
【目次】
(1). 3月の上映作品!
(2). 次回作 紹介
(3). プレゼント当選者発表!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2月は28日しかない。当たり前だけど、これがまた結構キツイ。それでなくても月末はイロイロ忙しいのに2・3日短いと、こりゃたいへーんなんです。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
(1).☆只今上映中☆ 
「ボーン・アイディンティティー」
僕は、彼らの「武器」となる為に訓練された男だった・・。
80年代の代表的スパイ小説「暗殺者」がついに映画化!その作品は21世紀の国際政治を舞台にしたナマのスパイ映画に豹変を遂げた。

監督:ダグ・リーマン
出演:マット・デイモン 、フランカ・ポテンテ(ラン・ローラ・ラン)
<3月7日迄公開!お早めに>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/bourne/index.htm
「アレックス 」モニカの美しさに騙されてはいけない。
この映画はフランス映画界が、しいてはヨーロッパ映画が贈る猛毒。
『カノン』の鬼才ギャスパー・ノエがカンヌ映画祭で衝撃を呼んだ問題作。
時間を逆行させた構成であるカップルの破滅的な一日を描き、観る者に凄まじい暴力と聖なる愛の物語を突きつける。
出演:モニカ・ベルッチ、ヴァンサン・カッセル
<3月7日迄公開!お早めに>R-18
□OFFICIAL SITE
http://www.alexmovie.jp
「マーサの幸せレシピ」
ヨーロッパは一つになりつつある。そう思わせる心癒される優しい作品。ユダヤ人虐殺を描いた「戦場のピアニスト」の配給会社アミューズの配給。現代のドイツもこのような映画を作るようになりました。時代は動いています。

<3月7日迄公開!お早めに>.
□OFFICIAL SITE
http://www.martha.jp/martha/index.html
「レッド・ドラゴン 」
シリーズ最高傑作を目指して終結したキャストはアンソニー・ホプキンス、エドワード・ノートン、レイフ・ファインズ、エミリー・ワトソン、ハーヴェイ・カイテル
つまらない、わけがない。
<ロードショー公開中!>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/reddragon/index.htm

(2).次回作紹介
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「刑務所の中」 ねがいまあ~す。昔のバスではありません。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
銃刀法違反で懲役3年の刑を言い渡され収監された主人公は、それまでの刑務所イメージ(網走番外地)のイメージを覆す獄中ライフに日本最後の秘境を見た。花輪和一のベスト・セラー崔洋一が監督、山崎努が主演。その他、香川照之田口トモロヲ、大杉漣、窪塚洋介、椎名桔平などたくさん出演。
キネ旬ベストテン第二位を獲得!刑務所なお菓子劇場で売ってます。
<3月8日~3月20日(木)迄 公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.keimusho-no-naka.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「水の女」 UA スワヒリ語で”花”と”殺す”の二つの意味があるそうで・・
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
名前も過去も問いかけることもなく、二人の恋は始まった。
銭湯を舞台に”水の女”と”火の男”が織りなす宿命の恋
出演:UA、浅野忠信、小川真由美、YUKI(元JYDY&MARY)
<3月8日~3月20日(木)迄 公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.hikariyu.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「タキシード」カンフーできないジャッキー・チェンが大暴れ!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
これを着ると、もう誰にも止められない!止まらない!
重力制御モード、防御モード、全力疾走モード、ダンスモード、ファイトモード吸盤モード。普通の運転手がハイテク・タキシードを着たら変身!。
出演:ジャッキー・チェン、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット
<3月15日ロードショー公開>.
□OFFICIAL SITE
http://www.dreamworks.com/thetuxedo/ 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 今度は17歳の高校生役のディカプ
リオ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
主役のディカプリオが「ギャング・オブ・NY」の撮影が”おしたため”大勢のスタッフや出演者が次々降板。そのおかげで「ロード・トゥ・パーデーション」の撮影が終わったトム・ハンクスが参加、「それなら俺が監督する」と当初 製作だけの参加だったスピルバーグが監督することになった”たなぼた”夢の競演!この3人の顔合わせで期待しないわけは無い。
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス
<3月15日先行公開・3月21日金曜日からロードショー公開>
パンナムのピンバッチ付き前売券発売中!
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/catchthem/jump002.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ピノッキオ」 イタリア映画史上最大のヒットを記録
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ライフ・イズ・ビューティフル」から4年。ロベルト・ベニーニ待望の最新感動作ピノキオがディズニー映画だと思ってませんか、フィレンツェ生まれの生誕120周年を迎えるファンタジーの原点、原作に忠実なピノッキオが登場。故フェデリコ・フェリーニが夢見た世界を受け継ぎオールイタリアンの最高のスタッフ、キャストでロベルト・ベニーニが監督・脚本・主演で贈る。
<3月21日ロードショー公開>.初日限定50名様ポストカードプレゼント
□OFFICIAL SITE
http://www.love-italy.net/pinocchio
*4月以降公開作品 紹介
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「アイリス」 幾千の言葉を失って、私たちはやっと愛に辿り着いた。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
”イギリスで最も素晴らしい女性”と讃えられる作家アイリス・マードックとその夫ジョンの激しくも深い愛の軌跡。数々の映画賞に輝く、真実のラブ・ストーリー運命が全てを奪おうとも、この愛だけは永遠に奪えない・・・。
2002アカデミー賞助演男優賞受賞ジム・ブロードベント
主演:ジュディー・デンチ、ケイト・ウィンスレット
<4月5日~4月18日迄 公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.shochiku.co.jp/iris
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「ネメシス/S.T.X」 スタートレックをまったく知らない人が楽しめる映画
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
スター・トレック・ネクストジェネレーション・シリーズ最新版!最終章!
ピカード館長危うし。シリーズ最大級のド派手な宇宙戦闘シーン、息つく暇もないアクション。スタートレックを超越した1本!
エンタープライズミニ・モデルキーホルダー付き前売券発売中!。
<4月12日ロードショー公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/nemesis/index.htm
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「Jam Films」 短くてもイケる。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

日本映画史上前代未聞、誰も見たことない新しいコンピレーション・ムービー7人の実力派監督がそれぞれの個性、クリエイティビティを最大限に発揮した7本のオリジナル作品を1本にまとめたのがJamFilmsだ。
飯田譲治X大沢たかお、岩井俊二X広末涼子、北村龍平X魚谷課佳苗、
篠原哲雄X山崎まさよし、堤幸彦X佐々木蔵之助、望月六郎X吉本多香美、
行定勲X妻夫木聡
<4月下旬公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.details:jam-films.com/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「スピリット」 スピルバーグのドリーム・ワークスが贈るアニメーション
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
荒々しい野生馬が未開のアメリカの大平原を旅し、やがて古き西部で伝説的な存在になるまでを描くアニメ

<4月19日ロードショー公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.uipjapan.com/spirit/index.htm
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「歓楽通り」愛の名匠パトリス・ルコント最新作。1945年の巴里。 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
無償の愛と酔いしれるような官能の舞台、巴里最後の娼館”オリエンタル・パレス”。私恋しているの・・薄幸の娼婦マリオンと、数奇な運命を生きたプチ=ルイの、美しくも哀しい愛の物語。
<6月14日~6月27日迄公開>
□OFFICIAL SITE
http://www.cinemaparisian.com
(3). 2月のプレゼント当選者発表!!!
「3月の招待券」当選者
堤智子  様
藤田奈穂子 様
佐々木恒平 様
二本柳満亀子様
工藤直子様
以上の皆様に当たりました。おめでとうございます。
・3月のプレゼントは3月のチケット・プレゼントです。
===================================================================
購読の解除は購読中のメールアドレスをご記入の上、
dict@cinemadict.comまでご連絡下さいませ。
===================================================================
【編集後記】今年は思いのほかロードショー作品が多く、その分アート系の作品のブッキングに苦労してます。でも、この作品も、あの作品も上映したいし。なんとかしようと思っているのですが、どうやってスクリーン二つのだけの田舎の映画館には変わりなく四苦八苦。それでもいっぱい上映したいし、どうしても上映したい作品がこれまた多いのです。どすんだべ。
神様、私にロードショーの隙間を与えたまえ、ガリガリ君買ってあげるから・・。
===================================================================
電子メールマガジン『ディクト・マガジン』2003/3月号
企画・制作:株式会社 奈良屋劇場
発行責任者:谷田恵一
URL :http://www.cinemadict.com/
MAIL: dict@cinemadict.com
===================================================================

「たーびまかせー・・なわけないでしょ!」

Filed under: 奈良屋通信 — dict @ 12:00 AM

 

 やってきました東京出張。AM6:30起床。昨夜遅くまで「マーサの幸せレシピ」のテスト・ランをしていたので眠い。おなかの調子もイマイチなのでビオ フェルミンを飲む。AM8:05車で空港へ。JAS162便・座席22H。青森は快晴、東京は明日雨の予報。富士山曇りでちゃんと見えず残念。定刻に羽田 着。そのまま京成で東銀座へ11:40着。歌舞伎座向かいクイントビル6FUIP営業部にバッグ置いて宣伝部に行き担当者へ「ボーン・アイデンティ ティー」と「レッド・ドラゴン」のパブのVを提出。その後これからの作品の素材をもらっていく。営業部に戻りIさんと竹葉亭にて昼飯。僕はいつものように 「鯛茶」、Iさん「うな丼の上の大盛り」。
めしの後、近くのパーラーでお茶しながら、この後のラインンナップと写真の流れやその他の話。まあ、これからいろいろ大変です。3時から五反田にあるイマ ジカの第一試写室で「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の試写。「混むから早めに行ったほうが良いという」ので早めに山手線乗って五反田へ。じっさい 早い時間で満員になった。写真はみごとなくらいの往年のプログラム・ピクチャー的なテイストでディカプリオは「ギャング・オブ・NY」より、こっちのキャ ラクターの方が僕は個人的にはあっていると思う。5:30終了。そのまま地下鉄に乗って京橋へ。映画美学校第一試写室で「春の惑い」試写。その前に向かい に“スタバ”があったので「カプチーノ」と「サーモン・クリームのサンドイッチ」買って行く。美学校はエントランスで飲食ができるからありがたい。試写の 「春の惑い」の配給元、大映角川の担当営業の人が受付にいて、あいさつされた「わざわざ見に来て頂いて」と感激される・・
まずい(深い意味ではアリマセン)・・・。先に席を確保したほうが良いといわれたので席に荷物置いてから、食事済ます。サンドイッチ食べながら次々訪れる お客さんを眺めていたら結構見たことある顔の人たち。某有名映画評論家の人が、関係者がキープしている席の位置が気に入らないようで受付のおねーチャンに 「せっかく早めに来ているのになんなんだ」と、怒っていた。映画美学校は壁がアイボリーで統一されたシックな感じのおしゃれな建物で、地下の試写室のトイ レもアイボリーのドアにFとMの一字だけの表示だけで、ちょっと困った。この試写も早い時間に満員になり座布団まで登場。今日立て続けに二本めの試写なの で、ちょっと腰つらい。元シネセゾンのAさんがいた。帰り際に挨拶する。作品は淡々とした静かな中国映画。後からじわじわ感じる大人の映画です。腰が悲鳴 を上げたので銀座まで歩く。歩くと痛みが和らいでくる。一人で歩く夜の銀座は、ちょっと寂しい。まだホテルのチェックインもしていない。途中有楽町の阪急 で娘のお土産に頼まれていたポストペットのコモモの弁当箱をMIXに買いによったが、注文の品がなかったので帰る。この後も電車乗り継いでホテルに行くの も面倒くさくなったのでTAXIで半蔵門のダイヤモンドホテルへ。今回もいつもの6階イギリス大使館の見える部屋。本日のお仕事終了。

水天宮

 20日朝7:00起床。天気悪し。風呂に入ってから朝飯食ってから8:30早めにチェックアウトして地下鉄に乗って人形町の水天宮へ。生涯の悪友、絵描きの中村圭一郎と“腰”の話してた時、「おめー娘生まれたとき、ちゃんとお礼参りしたか。
ちゃんとしないと腰に来るらしいぜ」と言うので、お礼参りしたと思ったけど、気になるのでお参りにいく。冷たい雨が降る中“東宝東和“のお歳暮の折りたたみの傘をさして10数年ぶりに水天宮様にお参りした。
まだ配給会社を回るのには時間があるので人形町界隈をうろつく。この界隈は昔、敬愛する三木のり平さんが生まれ育った場所で昔の江戸の匂いがする。甘酒横 丁でちりめん山椒やほうじ茶を買って、蛎殻町の魚久本店で魚の粕漬けを買う(ここは昔、西郷隆盛の住居があった場所だそうな)。残念ながら親子丼の玉ひで や天然物のタイヤキは時間が早かったので、まだやってなかった。その後日比谷線で銀座へ。ちょっとホテルを早く出すぎた。まだ時間がある。銀座のITO- YAのギャラリーで日暮修一の原画展を見て。山野楽器の店頭でJAZZフェアーセールをやっていたので、ついついCD3枚買ってしまう。セールに弱い私。 その後となりの木村屋2Fでアンパンセットをたのむ。ほのかに温かいあんぱんがおいしい。おっと、もうそろそろ11時。ヘラルドに行かなくちゃ。

銀座にあるヘラルドのビル

今年もいろいろ作品があります。トリフォーの特集やら、新しくフランスの会社からチャップリンの権利を新たに購入したとのことでチャップリンも面白そう だ。さあ次!予定ではアスミック・エースに行く予定だったけど電話したら会議に入っちゃたとのこと。後回し!変更してGAGAにTel。営業担当がいな かったけど前任者が電話に出たので「これから言っても良い?」「わかりました」日比谷線で六本木へ。雨風乱風の中GAGAへ営業担当のY氏いなかったけど 今回はGシネマが単独で営業もするというのでその挨拶。ついでに「ボーリング・フォー・コロンバイン」「裸足の1500mail」お願いする。お昼は六本 木チャコでランチ・ステーキ。十何年ぶりに食べるチャコのステーキはオイスィかった。リブじゃなくてNYカット食いたかったけど。2時。今度は日比谷線か ら丸の内線乗り継いで本郷の東大赤門の三軒隣にあるアスミック・エースへ。行ったらまだ会議中、少し待つ。会議終了担当のN氏とまずはピノッキオの話。そ の後ラインナップの話。「めぐり逢う時間たち」5月、その後「ヘブン」「ぼくんち」「アダプテーション」「フリーダ」とある。邦画も後一本できるかなー。 近くの日活は担当いないので寄らない。さあ今度は渋谷のアミューズだ。丸の内線から銀座線乗り継いで渋谷へ。アミューズがあるインフォス・タワーはケッコ ウな坂道の上にあるシンド!担当のNさんの新しく出来たラインアップの説明をうけてから「ジャム・フィルムズ」の日にち決める。さあ仕事終わり!帰るぞ! 銀座へ。かみさんのお気に入りピエール・マルコリーニでチョコ買いーの、一風堂でラーメン食いーの、京成(東銀座だから都営浅草線)で羽田へ。搭乗口1番 に行ったら天候調査中・・家に電話したら吹雪いてるって・・やな感じ。しかも携帯の電池もうない!まずい!やな予感。搭乗機まだ来ない。予定より大幅に遅 れて飛行機来た。でもまだ飛ばない。とりあえず飛んだ。よっしゃ帰るぞ!そしたら結構強めのエアー・ポケット!怖!けして快適でない運行状況で疲れている のに眠れない。まだかなまだかなと思ってたら機長からのアナウンスで前の便がまだ着陸してないのでそれを待って旋回しているとのこと、まだ降りれない のー。そして9時機長からのアナウンスで青森空港が閉鎖になったので羽田に引き返すんだと!!!なんちゅうこっちゃ!!どうするんずや!!
!。最初何の説明もないままザワツク飛行機の中これからどうしようかと考える。明日はFMの生放送が4時半過ぎにあるし、その後、松竹の営業担当の配置換 えで挨拶に来るし、「ギャング・オブ・NY」の楽日だし、「マーサ」とコンピュータのセットもあるし(出張前にテストしていてよかった)、どうしても帰ら なくちゃ。しばらくして前の便がオーバーランしちゃって空港閉鎖になったとアナウンス。もうどうでもいや今日はもう新幹線もないし泊まりだ。羽田についた らアナウンスでそのまま待機して事務員が欠航証明付でチケット返すのでそれを受け取ってから降りろという。

そ れを受け取って搭乗口で迷惑料?2万円受け取り、すぐ家に電話して無事だということと、今日は東京泊まりを伝える。やばい電池切れた。空港のコンビニで携 帯の電池を買ってダイヤモンドホテルに連絡するも、いつも予約してもらっているMさんつかまらず。まずい!今夜寝るところを確保しなくては、中村圭一郎に 電話入れる。とりあえず新宿のNEW DAGで待ち合わせ。山手線で新宿に向かっている時、Mさんから連絡ホテル取ったとのこと。感謝。でも中村呼び出し ちゃったので、とりあえずホテルにチェックインしてすぐ新宿に。ダグでまずは白ビールをキューっと一杯うんめー。とりあえず今日のヤサ確保したし後は明日 早く帰るだけ、もう飲んじゃえ!
ダグから今度はゴールデン街のナミちゃんの新しい店“テ・タ・テット”へ、あいかわらず元気なナミちゃん新しい店の名の意味はフランス語で“さしむかい “って意味なんだって。サシムカイで赤ワイン飲んで話していたら、もう三時!こりゃ帰らなくては、中村は“カボシャール”の綺麗なネーちゃんと話し込んで いるので捨てて帰る。

ハヤテで帰る

6: 30起床。顔洗って、歯磨きして、チェックアウト。四谷駅で新幹線の切符買いそのまま中央快速で東京駅へ「はやて5号」の時間まで新幹線の改札前のレスト ランで朝粥定食を食す。「はやて」では、となりに和装のおばさんが窓側に座る。八戸からの「つがる」では後ろの席のサラリーマンがずーっと会社の愚痴をこ ぼしてうるさかった。眠いのに眠れない帰り道、僕は新聞読んで、マンガ読んで時間を過ごした。
長い長い三日間だった。

追記:FM生放送無事終了。次の日バスで車とりに空港へ。駐車料金は欠航に関係なく徴収するのだと!なんちゅうーこっちゃ。

2003年1月26日

「年賀状」

Filed under: 奈良屋通信 — dict @ 12:00 AM
(写真1)

今年一発目の奈良屋通信は「年賀状」。奈良屋通信だから普通の年賀状じゃなく映画会社の年賀状コンクールといきましょう。
まず(写真1)2月8日ロードショーの「アレックス」を控えているコムストックのカードは代表的なハピニヤカード。「アメリ」で自社ビル買ったニューセレ クトは「ベッカムに恋して」などたくさん作品あります。テランはいつもいつもシブメの良品があり今井さんにはいつも資料送ってもらっているのに、いまだ 「ペダルデュース」以来なかなか実現しませんが今年こそテラン作品をかけたいと思ってます。「青い春」でお世話になったゼアリズ、(写真2)「エトワー ル」のキネティックは自社キャラクターのタマラがブラックな感じ出してます。インディの大御所ヘラルドはロード・オブ・リグ、WATARIDORI 、ファムファタールの3本。東宝東和はトゥーム・レイダー2とT3でWE WILL BE BACKだと。(写真3)GAGAのGグループはチャレン ジャー的なカードで。「LANDRY」のロボットはふわふわ・けばけばの印刷。セテラはこれもシブメの作品ラインアップ。松竹は正月第二弾のミブで一本出 し。(写真4・5)そして今年の僕の一等賞ハピニヤ・カードは「アメリ」のニューセレクトの別会社アルバトロスのこのカード!なんじゃこりゃ!と思わせ る、このジャック(コピー)の数々。めっくってみるとこれまた凄い作品の数々さすが古くは陰獣のNS普通が大嫌い試写状に命かけるこの感性大好きです。 (写真6)メジャーでは21世紀になっても20世紀フォックス王者の風格。ちなみにUIPはFAXでした。
追伸。(写真7)なぞのアメリさんからのハピニヤ・カード。クリスマス・カードも貰いました。でも誰なんだろう・・・。

(写真2)
(写真3)

(写真4)

(写真5)



(写真6)
(写真7)

2002年12月9日

「青い春」無事終了

Filed under: 奈良屋通信 — dict @ 12:00 AM
(青い春のフィルム)

 「青い春」無事終了。7日土曜日次の上映地、岡山県に旅立ちました。
思えば今年の春(だったかな)ゼアリズの日下部さんからオファーを受けて即答し、その後プロデューサーの小林さんから新井君の舞台挨拶の話が来て、新井君 のマネージャーの藤井さんから「あんまりシャベリが得意じゃないのでよろしくフォローしてください」なんて言われたからどうしようとおもってRAB・ ATV・ABA・FM青森・NHKまで取材のだんどりしちゃった私としてはちょこっと不安でしたが、舞台挨拶前日にあった新井君は「新井浩文です。よろし くお願します」とちゃんとキッチリ挨拶できる好青年でした。
そして話をしたら「シャベリが得意じゃない」どころかこっちの質問を何でも応える「シャベリ得意ジャン」とおもわせるアンちゃんで「やっぱりもてるで しょ」なんてオジサン質問したら「役者もてなきゃどうしようもないでしょ」・・カッコイイじゃねーの。
その後、これからのことや映画に対しての熱き思いをきいて。いい役者になってくれたらいいなとせつに願う私です。
でも、その日は本当はそれどころではなかったことがあり、ちょっと疲れ気味でした。なんと「青い春」のプリント(フィルム)がまだ劇場にとどいてませんで した。何日も前から連絡して遅くても前日に届くという話だったんですが前に上映していた映画館が11月22日必着を書くのを忘れたために(しかも四国か ら)運送会社に調べてもらったら到着は初日の当日の早くても午前中!おいおい一回目の上映11:30からだよー!運悪く四国から大阪→仙台→青森と乗り継 いで来るために時間がかかるのだそうです。しかももう発送しちゃてるので、どうもなんない。さらにこんなときは悪いことが重なるもので23日は勤労感謝の 日で祝日。たくさん荷物が来るのに祝日で運送屋さんも仕分けとかする人少ないからどうなるかわかんない。・・・そんなこといわれてもこっちとしてはお願い するしかなく。事情を話してなんとか早く23日の10時までにフィルムを届けてくださいとお願いしました。
結局早めの連絡が功を奏して前日22日の夜に無事プリントが到着。心配していたゼアリズの日下部さんもホットしていました。
それも各中継所に最優先で配送してくれたからでした。西濃運輸さんありがとう。カンガルーは早い!とても親切で助かりました。
そして毎週金曜日夕方のFM青森イブニング・ゲイト、生放送ウイークエンド・シネマで「青い春」を紹介してから新井君を放送局におきざりにして(彼は弘前 の友人と一緒だったので)劇場へ帰り急いで「青い春」を編集してプリントをチェック。営業終了後にコンピュータと映写機、時間、など等の最終チェックを兼 ねたテスト上映。その日は「月のひつじ」「赤毛のアン」の楽日でもあったのでそのプリントのバラシ(つなげていたフィルムを元のフィルム缶に戻す作業)も しなければならず目が回るくらい忙しい夜だった。ふう・・

舞台挨拶当日。前々から話はあったが事務所の関係でオフレコだった松田龍平君が舞台挨拶に間に合うということで新井君空港に龍平君を迎えに行って一緒に来ますとの電話あり。11:30劇場入りの予定が30分押して12時から取材開始。
心配していたお客さんの入りも招待も含めて100人ぐらい来たので一安心。12:00に新井君龍平君を連れて登場。

(新井浩文君)
(松田龍平君)

最初はMONO・EXPRESS(ABA)の取材。帷子氏一人でカメラもインタビューもこなす奮闘振り。あんたは偉い!ちなみに彼はABAのプロデュー サーです。その後ATV楽天の取材。劇場の映画チラシをアナウンサーに指示出すメモがわりに使ったのは気に食わなかった。その間、松田君はTVカメラの後 ろで新井君を笑わせたりちょっとおちゃめな面を見せ。
「良い映画館ですね」と誉めてくれたり。映画の話をしたらとまらないくらい映画が好きで、これからの映画で何見たいと聞いたら「ギャング・オブ・ニュー ヨーク」が見たいそうです。(おーそうですか!)最後の東奥日報の取材時は新井君の隣で物静かに座っているおとなしそうな青年で、時々垣間見せるおとうさ んにそっくりなしぐさがとても印象的でした。
舞台挨拶は基本的に新井君主役だったのでほとんど新井君におまかせで、あのような形になりましたが本人も喜んでいたので良かったです。松田君も新井君の舞 台挨拶だからということで体調悪かったみたいなのにそれを押して青森まで来てくれたので感謝です。(最前列の女の子なんか感激して泣いてたもの)本当に仲 が良い友人なんだね。
今回は、なんかバタバタしてたので今度ゆっくり酒でも飲みながら映画の話をしたいものです。

2002年10月14日

温泉に行こう!

Filed under: 奈良屋通信 — dict @ 12:00 AM
(八甲田をのぞむ)
(酸ヶ湯)

最近腰の調子がおもわしくない。腰痛には温泉がいい。そこで最近あちらこちらの温泉に行っている。その中でも一番のお気に入りは子供の頃から通い慣れた 酸ヶ湯温泉だ。シャンプーやリンスなどの風呂道具なんて一切持たない(使っても泡もたたないので使わないほうがいい。というより使えない)手拭一本で入る 温泉だ。 本当は10日ぐらい少なくても2・3日湯治するのが一番いいのだろうけど、そうもいかないので日帰りで八甲田山の自然を楽しみながら温泉に入りに行く。ス タンダードな八甲田・酸ヶ湯温泉日帰りというか温泉がメインの道行きは、通称「観光通り」を雲谷、今のモヤヒルズを経由して小学校の遠足の定番“萱の茶 屋”では“長生きのお茶“で一服、そして酸ヶ湯温泉に至る。

入浴料金は500円。無粋な自動販売機で入浴券を買い、ビニール袋に履物入れて混浴の大浴場に直行!ワイフは奥の 「玉の湯」と言う小さいお風呂へ。お風呂はまず手前に熱の湯から“かけ湯”をしてから入り、奥のほうのちょっと熱い「四分六の湯」に入った後、今度は「鹿 の湯」という打たせ湯へ、ここにはビニール袋が備えてあり打たせ湯のお湯が眼に入ると、とても痛いのでそれを頭にかぶる。僕はもちろん腰にお湯をあてる。 めんどくさいのでその場に寝てしまう。みんな悪いところに打たせ湯を当てるので肩や首にみんな当てているのだが、僕が寝そべって腰にお湯を当ててしばらく するとみんな寝そべって腰に当てている(みんな腰悪いのね)。そのあとまた「四分六」「熱」と入ってあがるのだがその前に流しで儀式がある。水のカラン (蛇口)のところに「この水を中心にかけると元気が出ます」と書いてある。それはかけなくては。一杯、二杯、三杯もかけるとあまりの冷たさにしびれてく る。元気になったかな?

(まんじゅう蒸かしの紅葉)
(まんじゅう蒸かし)

温 泉からあがったらおなかが減ってくる。そしたら必ずあきもせず雲谷そば。天ぷらそばを食べる。ここの天ぷらそばは「海老天そば」もあるけど安いほうの「天 ぷらそば」でないと僕は気分が出ない。腹ごしらえも済んだら酸ヶ湯温泉近くの八甲田ホテルのとなり、これまた腰にいい温泉施設、その名も「まんじゅうふか し」へ、温泉の蒸気を箱状の腰掛に通してそれに腰掛けてお尻を温める。まさにそのまんま「まんじゅふかし」(津軽弁で女性の局部を蒸かすという意味)。ポ カポカしてとっても気持ちがいいです。八甲田に来たら必ず行ってほしいスポットです。さてこの後は帰路です。途中山に唯一ある信号を左折して城ヶ倉大橋を 越え沖揚げ平の道の駅?で大根、白菜、にんじん、キャベツ、ネギなどのとっても安くて新鮮な高原野菜を買い、萱の茶屋の手前でエイトラインを右折、田代方 面へ。「後藤伍長」の銅像茶屋でおでん、くるみだんご、牛串焼きで一服。その後幸畑に抜け家路へ。時間があれば睡蓮沼、笠松峠、猿倉温泉、蔦温泉、奥入 瀬、十和田湖と行くのもいいです。


(城が倉大橋)
(沖揚平)
.(後藤伍長)
Pages: Prev 1 2 3 ...46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 Next

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト