2006年1月1日

Filed under: Dict NEWS — dict @ 12:00 AM

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

        ディクト・マガジン No.58

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
楽しい映画・素敵な映画・心に沁みる映画を貴方のもとに 
ディクト・マガジン 2006年新年号
http://www.cinemadict.com/ 》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新年あけましておめでとうございます。今年はどんな映画が上映されるのやら各社ラインアップは邦画が多いのですが、粗製濫造という言葉があるからちゃんと吟味しなければ。でもどこか良い所があるのも映画。それを探すのも楽しみ方の一つかと・・・・バカ映画もいいもんなんです。
正月三が日ささやかなお年玉としてこれまで上映した作品の営業用プレス(非売品)をさしあげています。是非お持ちください。なくなり次第終了します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【目次】(1).12月の上映作品(2).次回作紹介(3).プレゼント当選者発表!
(1).☆只今上映中☆
「キングコング 」
「南極日誌」<1月6日まで>
「サヨナラCOLOR」<1月6日まで>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「空中庭園」 小泉今日子さん日刊スポーツ映画大賞・主演女優賞受賞!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
『青い春』で刹那的な絶望感を描き出した豊田利晃が、初めて"女性"を描くことに挑戦。
主演には、『風花』以来4年ぶりの主演映画への復帰となる小泉今日子。
原作には、直木賞を「対岸の彼女」で受賞した角田光代の「空中庭園」。
<1/7~1/20 2week>
□ OFFICIAL SITE
http://www.kuutyuu.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「カスタムメイド10・30」1週間しか上映しません!急げ!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
04年10月30日に行われた、奥田民生10.30ひとり股旅@広島市民球場LIVEのドキュメントと、広島で青春を過ごす、バンド少女のストーリーをクロスさせた新しいスタイルの音楽映画

監督:ANIKI 音楽:奥田民生
出演:木村カエラ、西門えりか、寺島進、ミッキー・カーチス、奥田民生
<1/7~1/13 1week>
□ OFFICIAL SITE
http://www.cm1030.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「エイリアンVSバネッサ・パラディ」バカ映画ながーい目で見てください。 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ヴァネッサ・パラディが5年ぶりにスクリーン復帰を果たしたSFアクション?。
突如として現れたエイリアンが、人間たちを襲う恐怖を残忍な映像で描き出し、ハリウッドに引けを取らない?エイリアン映画を完成させた。
ヴァネッサがセクシーでキュートな歌声を披露し、ラブストーリーとしても楽しめる?独創的な作品。
監督はフランス期待の新生ディディエ・ポワローとティエリー・ポワロー兄弟
< 1/14~1/20 1week>
□ OFFICIAL SITE
http://www.avvp.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「プライドと偏見」ゴールデン・G賞でキーラ、主演女優賞にノミネート!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
絵画のような田園風景や壮大なお城の数々でのオール・ロケで“結婚“がテーマの乙女心をくすぐる映画なのである。
プライドが高いがために正直に「愛している」と、なかなかいえない大富豪の青年と、気が強く純粋がための偏見が、本当の愛を曇らせてしまう主人公エリザベスの恋の物語。
「ブリジット・ジョーンズの日記」「ラブ・アクチャアリー」を製作したスタッフが時にはユーモラスに、時には格調高く、二人の恋の行方をいきいきと映し出している。
出演:キーラ・ナイトレイ 、マシュー・マクファディン、ジュディ・デンチ
<1月14日ロードショー>
□ OFFICIAL SITE
http://www.pride-h.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「博士の愛した数式」 数学嫌いな人でも涙は流れます。 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
小川洋子のベストセラー小説を映画化した感動のヒューマンドラマ。
交通事故で記憶が80分しか続かない天才数学者の主人公に、寺尾聰が熱演。
彼の世話をする家政婦に深津絵里、彼女の10歳の息子に子役の齋藤隆成。
家族にも似た関係性の中で人を愛することの尊さを問いかける。
監督:、『雨あがる』『阿弥陀堂だより』の小泉堯史
<1月21日ロードショー予定>
□ OFFICIAL SITE
http://www.hakase-movie.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「理想の女」すみません女とかいて”ひと”と読みます 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
オスカー・ワイルドの戯曲「ウィンダミア卿夫人の扇」を、1930年のイタリア社交界に舞台を変えて描く珠玉の人間ドラマ。
出演:スカーレット・ヨハンソン、ヘレン・ハント、トム・ウィルキンソン
監督:マイク・バーカー
<1/21~2/3 2week>
□ OFFICIAL SITE
http://www.gaga.ne.jp/goodwoman/

2006年2月公開作品
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「モンド・ヴィーノ」 この映画を見ると選ぶワインが変わります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワインは好きですか?
ワイン・コンサルタントのミシェル・ロラン。
付加価値の高いワインを造ろうとするモンダヴィ一族、カリスマ・ワイン評論家、ロバート・パーカー。
ワイン界を代表する彼らの本音に迫る。
< 2/4~2/17 2week>
□ OFFICIAL SITE
http://www.mondovino.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「インサイド・ディープ・スロート」 この映画は上映しなければいけなかった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1972年にアメリカで公開された1本のハードコア・ポルノ映画が社会現象になり、老若男女が劇場に駆けつけ、セックスの概念、そして憲法まで変えてしまった。
< 2/18~2/24 2week> R-18
□ OFFICIAL SITE
http://www.inside-deepthroat.com/top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ヴェニスの商人」 いわずと知れたシェイクスピアの名作を名優で映画化
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズという演技派を迎え、シェイクスピアの傑作戯曲を初の映画化。16世紀のヴェニスを舞台に、人種差別、宗教問題、恋愛模様など、さまざまなドラマが繰り広げられる群像劇

<2/25~3/10 2week>
□ OFFICIAL SITE
http://www.venice-shonin.net/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「トゥルーへの手紙」 犬と人間の暮らしの記録
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真家ブルース・ウェバーが監督したドキュメンタリー。
9・11のテロの出来事で人生がどのように変えたかを思索し、彼が自らの愛犬に手紙を送るという形式で、犬たちへの尽きせぬ愛情や、世界への希望を綴ったシネ・エッセイ。
<2/25~3/10 2week>
□ OFFICIAL SITE
http://www.cm1030.jp/

☆2006年3月以降公開予定 
◎ナイト・オブ・ザ・スカイ 2月中旬ロードショー
◎ジャーヘッド 3/4ロードショー予定
◎ウォレス&グルミット 3月18日ロードショー
・歓びを歌にのせて 3/11~3/24
・ランド・オブ・プレンティ 3/11~3/24
◎ウォレス&グルミット 3月18日ロードショー
◎レアル・ザ・ムービー4月ロードショー
・疾走
・アメリカ、家族のいる風景
・タブロイド
◎アンジェラ
・寝ずの番
・間宮兄弟
・マッチポイント
・僕のニューヨークライフ
・B型の彼氏
・ズラ刑事
◎MI-3
・犬の映画わんわん
*----------------------------------*
(3).12月のプレゼント当選者発表!
*----------------------------------*
青森市 I.Mさん
青森市 Y.Tさん
青森市 F.Mさん
青森市 S.Kさん
尾上町 O.Yさん
「1月の招待券」当選者
以上の皆様に当選ハガキ発送しました。おめでとうございます。
・ 1月のプレゼントは2月のチケット・プレゼント5名様です。
==========================================================
購読の解除は購読中のメールアドレスをご記入の上、
dict@cinemadict.comまでご連絡下さいませ。
==========================================================
【編集後記】なぜ邦画製作が増えてきたかというと、外国映画の値段の高騰にあります。1本何億もかけて買ってきてこけたら大変。同じ大変なら同じ予算で邦画作ってそれが当たったらおいしいというこんたんなのです。もうすでに企画の段階でバティングしていたりスタッフの取り合いで”仕事はあるけど内容がねー”の事態が起こっています。大体映画をコンテンツなんて言い出すこと自体僕は気に入らないのが正直な気持ち。でも面白かったりするので始末が悪い。
谷田恵一 
===========================================================
電子メールマガジン『ディクト・マガジン』 2006/新年号
企画・制作:株式会社 奈良屋劇場
発行責任者:谷田恵一
URL :http://www.cinemadict.com/
MAIL:dict@cinemadict.com
===========================================================

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト