2005年2月1日

Filed under: Dict NEWS — dict @ 12:00 AM

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ディクト・マガジン No.48

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

楽しい映画・素敵な映画・心に沁みる映画を貴方のもとに 

ディクト・マガジン 2005年2月、3月合併号

http://www.cinemadict.com/ 》

【目次】

(1).3月の上映作品(2).次回作紹介(3).プレゼント当選者発表!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ごめんなさい。マガジン出すのを、すっかり忘れていました。ヤバイ!

月末になって先月号のデーターがどこにもない!いったいドコにやったんだ。生来のずぼらな性格が災いして大騒ぎ。でも誰も何にも言ってこないので、少し寂しい。みんなどうでもいいのかなー?

今月の招待券プレゼントは1月、2月の応募から選定して懺悔もこめて5名様分プラスの15名様にプレゼントします。見に来てね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

(1).☆只今上映中☆

・「レイ」 祝 J・フォックス アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞

□OFFICIAL SITE

http://www.ray-movie.jp/index.php

<3月11日迄>

・「ボーン・スプレマシー」

<3月18日迄>

□OFFICIAL SITE

http://www.bourne-s.jp/

・「コニー&カーラ」

<3月4日迄>

□OFFICIAL SITE

http://www.uipjapan.com/connie-carla/

・「約三十の嘘」

<3月11日迄>

□OFFICIAL SITE

http://www.30uso.com/

(2).次回作紹介

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「シャーク・テイル」字幕版のみの公開です、シネマディクトでは。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ドリーム・ワークスが日本の配給をUIPからアスミック・エースに乗り換えて初の作品がこれ。全米では3週連続でトップに輝き製作のカッテンバーグは“ざまーみろ○o○○―”だったけどオスカーはピクサーのインクレディブルに輝き“残念!”映画はなんとベジタリアンの鮫とベラが繰り広げる海洋ファンタジー・アニメーション。素晴らしい映像です。

<3/5ロードショー>

□ OFFICIAL SITE

http://sharktale.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「理由」宮部みゆき直木賞ベストセラー原作の完全映画化

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

超高層マンションンで起きた4人家族の惨殺事件。捜査が進むうちにその家族は赤の他人であることがわかる。かれらはいったい誰なのかなぜ殺されたのか。あまりにも登場人物が多すぎて映画化不可能といわれたこの原作に挑んだ大林宣彦監督の手法は登場人物107人すべてを誰もが知っている役者を使い観客に印象つけるという前代未聞の手法だった。原作者の宮部みゆきも“涙が出るほどよかった”と言わしめた作品。

<3/12~3/18迄 1week>

□OFFICIAL SITE

http://www.riyuu.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「銀のエンゼル」お待たせいたしましたいよいよ上映します

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

放送されてもう3年以上経つのにいまだ人気の衰えぬローカルスーパーTV番組「水曜どうでしょう」の鈴井貴之監督が是非シネマディクトで上映して欲しいとの配給会社のオファーを断るわけがありません。でも話が来たのは去年の秋。みんなに「いつやるんだ」といわれ続けて半年“みんなーやるよー”

北海道のコンビニを舞台にオーナーとその家族、店員、そこに集う人々のふれ合いと人間模様を描いたハートウォーミングなドラマです。

<3/12~3/25迄 2week>

□OFFICIAL SITE

http://www.ginen.jp/index.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」

長い題名!Ⅱでよかったのに。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

あいもかわらずのおバカでキュートなブリジット。前作以上にロマンスも体重もパワーアップ。レニー・ゼルウィガーは14キロも体重を増やしたそうな。それでもラブリィー・ハッピー&パワフルでそれはそれは楽しい映画です。B・Jの前ではコリン・ファースもヒュー・グラントもかすみます。なんと版権の関係やらでパンフレット製作しないことに決定しました。サントラはあります。

<3/19ロードショー>

□OFFICIAL SITE

http://www.bj-diary.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「いぬのはなし」犬好きを楽しませ、泣かせます!これは卑怯です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「いぬと一緒に暮らすこと」は毎日が幸せの連続!・・・でも時には腹の立つことや、悲しくて泣きたくなることがあるのも事実。

そんなめくるめく毎日をぎゅっと詰め込んだ「いぬのえいが」は、身近な愛情に満ち溢れた、最高のハッピー・ムービー!
主人公にはいまや不動の人気を誇る中村獅童。そして伊東美咲、宮崎あおい、小西真奈美、佐藤隆太といった今最も注目されている若手俳優から、天海祐希、川平慈英、高橋克美、渡辺えり子ら実力派俳優まで、豪華な出演陣と柴犬、ボーダーコリー、チワワ、シーズー、パグ、トイプードルなど50種90匹ものワンちゃんが登場。

さすが一瀬隆重プロデューサーならではの豪華キャストです。

<3/19ロードショー>

□OFFICIAL SITE

http://www.inunoeiga.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」オマー・シャリフが渋いなー

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

パリの13歳のユダヤ人少年モモと、彼のアパルトマンの向かいで小さな食料品店を営むトルコ移民の老人イブラヒム。愛も知らずに人生の春を迎えた少年が、人生の晩秋にさしかかった老人と出逢い限りない愛情を注がれ、人生の楽しみ・喜びを知っていく物語は、人種と世代の壁を超えた絆を描く普遍的なヒューマンドラマ。

イザベル・アジャーニも出ています。オマー・シャリフといえば「アラビアのロレンス」「ジャガーノート」です。彼一時引退してたらしいのですが、噂ではギャンブル好きでスッテンテンになったらしくて編場復帰。さすが昔の役者はちがいます。

<3/26~4/8迄 2week>

□OFFICIAL SITE

http://www.gaga.ne.jp/ibrahim/

2005年4月以降公開作品 紹介

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「スーパーサイズ・ミー」それでもハンバーガー好きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画監督のスパーロックはもし1カ月、1日3食マクドナルドのファーストフードを食べ続けたら、いったい体はどうなるのか?ハンバーガーと肥満の因果関係はいかに?かくして彼は1カ月間、自らを実験台にして、

「1日3食、食べるものはすべてマクドナルドにあるものだけ」を実行。 

その模様をドキュメンタリーにすることに。果たしてそれは、どんな影響を身体に及ぼすのだろうか? 

監督自らを実験台にした、体当たりドキュメンタリー最近スパーロック監督とこの映画にも出ている栄養士の彼女と結婚したそうな。

<4/2~4/15迄 2week>

□OFFICIAL SITE

http://www.supersizeme.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「五線譜のラブレター」これは音楽で綴るラブ・ストーリー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コール・ポーターと、彼の音楽のミューズであり続けた妻リンダ・リーとの運命の絆にスポットを当てたミュージカル・ドラマ。ナタリー・コール、エルヴィス・コステロ、アラニス・モリセットら、当代最高のミュージシャンたちが実際にスクリーンに登場して歌うポーターのナンバーにのせて、その旋律の中に永遠に封じ込められた類い希な愛の軌跡を、たどっていく珠玉のラヴ・ストーリー

主演:ケヴィン・クライン、アシュレイ・ジャッド

<4/9~4/22迄 2week>

□OFFICIAL SITE

http://www.foxjapan.com/movies/delovely/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「真夜中の弥次さん喜多さん」お伊勢参りに行こうぜベイベー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画『ピンポン』、『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』と爆発的な話題を呼んだ大ヒット作の脚本を次々と生み出してきた宮藤官九郎。現代を生きる若者特有のドライな感性と、熱いエネルギー。その絶妙なバランス感覚の中に、笑いと切なさが見え隠れする独特の作風で、時代をリードする宮藤官九郎が満を持して挑んだ本作がついに完成した。

原作:しりあがり寿

弥次さんにTOKIOの長瀬智也。喜多さんを歌舞伎界の新星・謹慎中の中村七之助。

その他キャスト:小池栄子、中村勘九郎、研ナオコ、阿部サダヲ、竹内力、山口

充、

ARATA、荒川良々、寺島進、古田新太、松尾スズキ、妻夫木聡、麻生久美子、など

<4/16ロードショー>

□OFFICIAL SITE

http://www.yajikita.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ビヨンドTheシー」ケヴィン・スペーシーが作りたくて仕方がなかった映画

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日サンドラ・ディーが亡くなりましたが、彼女の旦那さんだったボビー・ダーリンの一生をケヴィン・スペーシーが製作・主演:・監督三役を務め音楽も吹き替えなしですべてこなしたという渾身のボビー・ダーリンの映画です。アメリカのショウビジネス

を駆け抜けた天才シンガーのエンターテインメント・ムービー

<4/23~5/6迄 2week>

□OFFICIAL SITE

http://www.gaga.ne.jp/beyondthesea/

☆公開予定

・ボン・ボヤージュ 5/7~5/13 1week

・火火 5/7~5/20 2week

・ひとまず走れ 5/7~5/20 2week

・トニー滝田 5/14~5/20 2week

・運命を分けたザイル 5/21~6/3 2week

・JamFilms S 5/21~5/27 1week

・ライトニング・イン・ア・ボトル 5/28~6/3 1week

◎宇宙戦争 6/29ロードショー

(3).1月、2月のプレゼント当選者発表!

*「3月の招待券」当選者

工藤悦子 様

木村由香 様

福士美智子 様

盛 克己 様

工藤直子 様

熊谷純子 様

木村俊介 様

辻 由布子 様

柳谷隆男 様

金 俊之 様

棟方 舞子 様

木村 絵美 様

中畑恵 様

佐藤卓也 様

今 尚子 様

以上の皆様に当たりました。おめでとうございます。

・ 3月のプレゼントは4月のチケット・プレゼントです。

===========================================================

購読の解除は購読中のメールアドレスをご記入の上、

dict@cinemadict.comまでご連絡下さいませ。

===========================================================

【編集後記】 年末から公私共にいろいろあって、まだ落ち着かないでいる今日この頃。

そんな中でも、試写室で、映画館で、自分の小屋でそして家でも映画を見ている。深夜まで仕事して帰ってからTVつけたら映画やっていて、よせばいいのに見ちまって気がついたら朝!好きなのだからしかたがない。最近お客さんや、明鏡覧にまで“あんた頑張りなさいよ“といわれている。ありがたいやらプレッシャーやら。

昔ヤクザ映画で健さんやお竜さんがクライマックスに憎い相手に殴りこみに行って言う“覚悟しな” っていうセリフがあった。最近聞かない言葉「覚悟」。なんか今年の目標の言葉決定!といった感じです。

ジェイミー・フォックスがオスカー獲った!めでたい。谷田恵一

===========================================================

電子メールマガジン『ディクト・マガジン』

2005/2月・3月合併号

企画・制作:株式会社 奈良屋劇場

発行責任者:谷田恵一

URL :http://www.cinemadict.com/

MAIL:dict@cinemadict.com

===========================================================

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト