2011年2月5日

ひとりぼっちのあいつ

Filed under: ノザック コラム — dict @ 12:05 AM

ザ・ビートルズは、今でもさまざまなものに多大なる影響を与えている。ジョンとポールが出会ってから50年以上がたち、ジョンが死んでからもう30年が過ぎた。それでも彼らの音楽は風化せず、今でも映画やTVに流れている。映画「ノーウェアーボーイ ひとりぼっちのあいつ」はビートルズになる前の少年から青年に成長する時代のジョン・レノンの物語。彼がどのような生い立ちで、どのような音楽を聴いてビートルズになって行ったか。幼少期のジョンがジョンの母親の姉に育てられ、その叔母とジョンの母親との長きに渡る確執の中でジョンが育てられた。家族の愛への渇望。ジョンの苦悩と怒りが、彼にとって救いだった音楽に注がれている。この幼少期がなかったら、ビートルズもなかったろう。そしてポール・マッカートニーとの出会いと友情。レノン・マッカートニーの数々の「愛の歌」は、二人とも歌を歌っていたんじゃない、愛を叫んでいたんだ。
「ノーウェアーボーイ ひとりぼっちのあいつ」2月5日よりシネマディクトで上映
1950年代のリバプールを舞台に、厳格な伯母と奔放な実母との間で葛藤する、ザ・ビートルズに入る前のジョン・レノンの青春を描く伝記ドラマ。
監督: サム・テイラー=ウッド
出演:クリスティン・スコット・トーマス 、アーロン・ジョンソン

2 Comments »

  1. ああ、愛を叫んでいたんだー…ジョンの映画と知る前から、先ずポスターのコピーが印象深くて興味持ってました。母子の物語となるとどうしても母の目線で観てしまうので、何かと煙たい役回りになってしまうミミが、ジョンにもジュリアにも受け入れられてほっとしました。でも大抵の母親はたぶん、1人でジュリアとミミ両方のキャラクターを持ち合わせてますよね。ジョンへの呼びかけ「My Dream!」はいつか、自分の息子にも使いたいと思います、きっと物凄ーく興奮した時に…発表会とか(笑)。

    Comment by macky — 2011年2月6日 @ 9:46 PM

  2. アートは、天賦の才だけではなくて、それができるまでには必然的な下地があると言うことでしょうか。この映画を見たポールは「ジョンにあんなふうに殴られたことはないよ」って監督に言ったそうですが、あの「ラブ・アクチャリー」の少年が青年になってポール・マッカートニーを演じるなんて・・時代は流れていきます。

    Comment by dict — 2011年2月6日 @ 10:07 PM

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト