2010年11月21日

無駄に凄いのは無駄じゃない

Filed under: 今日のダニー — dict @ 10:17 PM

 

「REDLINE」は正直言うと、担当のSさんに会うまでは、じぇんじぇんやる気が起こらなかった。でもSさんの意気込みと作品をちゃんと(ごめん)見たら、「こいつは凄い」とおもったわけで・・・。7年の製作期間と10万枚の作画を投じて"CGでは生み出せない手描きアニメーションの生み出す誤差と歪み"にこだわり抜いた作品。シネマディクトでやった「PARTY7」「茶の味」の石井克人が原作・脚本。同作でもアニメーションでコラボした小池健が監督。そしてFMVのCMで長年出演しているキムタクにこの映画の主人公の声をダメモトで交渉したら”イッスヨー”ってかるーくOKもらって、蒼井優(アニメだけどオッパイ出しちゃいました)、浅野忠信といった豪華声優人になった次第。
そんなことはさておき、最後のアニメと言われるにふさわしい渾身の出来です。CGなんていらない!手書きでいい!それで7年10万枚!アジがあるというのか心通っています。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト