2010年11月7日

カケラ 

Filed under: 今日のダニー — dict @ 11:15 AM

映画の宣伝上、どうしても安藤ももこ監督について、まず言うのは奥田瑛二の娘というのと、妹は「愛のむきだし」の安藤さくらだということを最初のキャッチ的に言うのだけれど、別にこの二つの要素を言わなくても十分すぎるくらい”ちゃんとした”女の子という生き物の映画になっている。イマハヤリな言葉で言うと「ガーリー」な、年配の方々に伝わるように言うと「女の子っぽい」映画。僕みたいに、だいぶ歳いっちゃっている男が見ると”かえってドキっとする”映画だし、主演の満島ひかりが”すげー!そこまでやるんだー”演技で監督力をみせつける。相手役の中村映里子も、とてもとても素敵だ。同性愛をあつかっているといっても友達以上恋人未満+同性愛なのだから、僕らの世代のころから少女漫画では当たり前の世界。女の子の視点で描く映画は男が見てもおもしろいのです。居酒屋でのシーンなんかは、まわりのわんさかいるおやじの一人みたいな気持ちになって、ほんとにいずらかったもの。
勝手な妄想だと、もし緒方拳さんが生きていたら、やっぱり出演してくれたのだろうなー、もし出演していたらどんな役なのかなー、津川さんのところかなー、それとも、かたせさんのところかなー。おやじの妄想は続く。

4 Comments »

  1. ハルちゃんみたいにグダグダ男と切れずに過ごしてる女の子は普通にたくさんいる感じがします。リコちゃんはエキセントリックで楽しい。すらっとカッコ良い体躯で、ハリのある声で少しつっかかってくるような話し方とか。テーマが同性愛とは言え、どこかの見知らぬ女の子の日常を覗かせて貰ってるような気分で観ました。しかし才能や感性に年齢はきっと関係ないのでしょうね。職種を問わず、目を見張るような素晴らしい仕事をしている若い人を見ると、素直にすっごイなぁーーー!と感嘆してしまいます。

    Comment by macky — 2010年11月10日 @ 3:40 PM

  2. このポスターにも使っているビジュアルはさておき、この監督の感性は好きです。脚本もふくめて、わかる映画が個人的には僕は好きなのです。そして満島ひかりも、かずいる若手女優の中でも”ちがう”役者なのだねーと思わせる映画です。

    Comment by dict — 2010年11月10日 @ 3:59 PM

  3. 映画の話とは違うので恐縮ですが・・・・
    今朝 浅虫方面のディクトさんの壁に 「シアター&カフェ ディクト」と看板があるのを見かけました。

    シアターとカフェとはなんて素敵な響きでしょう。

    ディクトさんへ ここしばらく足をはこんでいないのでわからないのですが、カフェもオープンしたのでしょうか?

    楽しみです。

    Comment by ミユキ — 2010年11月11日 @ 9:50 AM

  4. まだです。看板だけです今は。

    Comment by dict — 2010年11月11日 @ 10:18 AM

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト