2010年9月25日

余話として

Filed under: 今日のダニー — dict @ 10:42 PM

今週2010年9月18日から10月1日まで上映している「ブライト・スター」「シーサイドモーテル」は、まったく毛色が違う映画。そのなかでも撮影方法が全く違うのが、単なる偶然なれどおもしろい。ジェーン・カンピオン監督の「ブライト・スター」はもちろんフィルムで撮影され光と影の芸術作品とでも言っていいくらい、窓辺に座っているファニーがなんとも印象的で女性監督ならではの感性がみごとにストイックでプラトニックなこの主人公二人の愛を表している。一方「シーサイドモーテル」はレッド・ワンというデジタルカメラで撮影されている。4Kなんだそうである。何のことか、わらない人もいると思うが一般の劇場で上映している解像度が2Kといわれる。(だいぶ自信ないけれど)洋画の場合字幕をかけるとホントは1Kぐらいに落ちるらしい。とにかく4Kという驚異的な解像度のスペシャル・カメラで撮影された「お電話ありがとうございます」なのである。いろいろ極端なシネマディクトはキャメラまでそうなんだ・・・。

2件のコメント »

  1. 日付が変わってしまいましたが昨日25日、レイトで「ブライト・スター」観ました。ストーリーは勿論ですが、風景から衣装から食器などの小道具まで本っ当に美しい映画ですね。でも「シーサイド…」の方もこんな情報知ってしまったらやっぱり観たいなぁ~…時間作れるよう頑張ってみます

    コメント by macky — 2010年9月26日 @ 12:39 AM

  2. mackyさん、「コメントありがとうございます。シネマディクトのダニーです」ジョン・キーツの詩・ポエムだけではなくて、今の日本、たぶん世界も詩の世界はだんだん縮小してきている気がします。映画も然りで、アトラクションのような3D映画ばかりが多くなって、なかなか「ブライト・スター」みたいな映画が評価されないのは残念です。

    コメント by dict — 2010年9月26日 @ 5:22 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト