2009年11月23日

エンコ(浅草)に遊ぶ(飲む)

Filed under: 今日のダニー — dict @ 11:22 AM

浅草に一泊。思い出すのはジイチャンと蚊帳の買い付けで関西に行った帰り神田の問屋による時、東京での泊まりは必ず浅草だった。浅草のどこのなんという旅館なんかは忘れちゃったが、六区の不思議な怪しい雰囲気は小学生ながらおぼろげに覚えている。
あれから40年近い歳月が流れ、その後も学生時代にも、最近でも浅草には行っているのだけど、朝早くから時間の制約ほとんどなく、まったり浅草を堪能した。とりあえず観音様にお参りして、仲見世が人人で大変なことになっていたので(日曜日だモノ)とりあえず吾妻橋のアサヒビールの会場へ顔を出すが、セミナーということで、”まっいっか”と、アサヒビールの一階にあるテラスで隅田川地ビールを昼日中飲む。その後六区をブラブラ、懐かしい東映や日活の三本立て映画館やピンク映画館をひやかして(「まむしの兄弟」マジ見てー)こじんまりした天麩羅屋で又一杯。それにしても外国人の多いこと。中国はもちろん、ベトナム、モンゴルなどアジア系はもちろん、アメリカ、ヨーロッパ世界中の人たちがごった返している。東京はすごいね。夕方二十何年ぶりに並木藪で蕎麦たぐってエンコをあとにする。

2件のコメント »

  1. 遥か昔、赤坂五丁目の細長いビルの中にKというスナックがあって、お客にはママさん自慢の一人息子の仲間が多かった。NCRとは日本カレーライス会社って教わり、素直に信じてた頃。
    その慶應ボーイズの中に並木の藪の息子が居て、運んで来てくれてたのをスナックのカウンターで何度か食べた。お蕎麦だけじゃなく、『日本の洋食屋』さんの若旦那もステーキ丼とか持ってきてくれていた気がする。
    随分大人になって、わざわざ並木橋まで行ったら、休みだったのが十年前…。年を取るのが加速度的に早い、今日この頃。

    コメント by taffyの母 — 2009年11月27日 @ 3:16 PM

  2. あの変わらぬ佇まいは、すごいなーと思いながら、二口でモリソバたいらげて、そく退散。正直に言うと昔から人形町の藪の天丼が好きだった無粋者です。

    コメント by dict — 2009年11月27日 @ 8:40 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト