2009年5月17日

むきだし

Filed under: 奈良屋通信 — dict @ 11:24 AM

映画館の「踏み絵」ともいわれる「愛のむきだし」。シネマディクトふんじまいました。上映時間なんと4時間オーバー。途中休憩10分。少しためらったが、やっぱりつけた予告10分、計4時間20分。「そんなばかな」「おいおい」って言っているうちに”あっ”と言う間に過ぎ去る4時間20分。愛について、とりわけ今の若き男と女たちにささげる怒涛の無敵&魔性のエンタテインメント。”草食系男子”とか将来男はいらなくなる世界がやってくるとか、今の男は棲みにくい世の中。ちょっと女の子に興味を持ってもセクハラとかストーカーとか変態呼ばわりされると、おとなしい子はなにもできなくて気がつけば三十路が過ぎて男女共に婚カツなんて言葉が生まれる事態になっている。なんかおかしくない?この映画は変態と誤解されている男の子と男はみんな変態だと誤解している女の子の物語。愛に対して”たえるな””我慢するな””相手を気にするな”そして”あきらめるな”すべての既成概念をぶちこわして”むきだし”にする正真正銘の純愛映画です。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト