2008年5月27日

青森市のフリーペーパー「ノザック」のコラム。その1

Filed under: ノザック コラム — dict @ 10:07 AM

映画は素敵な人生のパートナーです。映画館のスクリーンには無限の夢の世界が繰り広げられます。最近流行の品格も映画を見てさえいれば、知らず知らずに身につきます。あこがれや目標も映画から見つかるかもしれません。世界中のあらゆることが映画から学び取れます。映画は極上の先生であり、友人であり、恋人なのです。この場合の映画は、自分で見る映画決めて、時間作って、映画館に行って、お金払って見る本物の映画です。なにかと不便ですが、その不便が素敵なことだってあるのです。今回ご紹介する「マリア」は、イエス・キリスト誕生までの苦難の道のりを描いたマリアと、その夫ヨゼフの信じあう夫婦の物語です。今では当たり前のように祝う年末の行事が、どのような出来事があってクリスマスとなったかを知ることで、今年のクリスマスはちょっと違ってくるかも。本当のクリスマスはプレゼントをもらってケーキを食べる日では、けしてないのです。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト