2008年4月5日

おいおい

Filed under: 今日のダニー — dict @ 10:32 AM

またまた東京話。ホテルで朝飯食いに最上階のレストランへ。途中エレベーターが停まり大きなボストンバックをガラガラしながら、隣国の(大のほう)方々が大挙して乗り込む。その時点で、嫌な予感!最上階に着いた。でも隣国(大)の方々動こうとしない!後から乗ってきたので入り口占拠!でかいボストンバックのバリケード付き。おいおい状態で先に乗っていた僕たちは無理やりバリケードをこじあけて脱出。かえって嫌な顔されて朝っぱらから一瞬だけれど腹が立つ(減ってもいるからとくに)朝食バイキング(これも好きではない)でも食事の最中にお構いなしに人の席に割り込んできて、”いったいなんだ”とおもったら写真を撮るのに僕が邪魔だったらしくておかまいなしに都庁バックにとりまくり。怒るまい、怒るまい40年50年前の父母の時代は同じようなものだったのだから。でも、すげーな東京。いろんなことがある。

2 Comments »

  1. こんにちは。人の多い東京は大変ですからね~似たような経験あります。

    ところで館主様は東京へ頻繁に出張されているのと同業界の事なのでご存

    知かと思われますのでお聞きしますが 何故”メンズデー”は東京の劇場

    にはないのでしょう?これは青森だけまたは各劇場によってのサービスで

    しょうか?昔、上京中によく行ってた劇場などのHPを懐かしくなって良

    く見るのですが何処も”レディース”はあっても”メンズ”はありませ

    ん。館主様はじめ何処の劇場も涙ぐましいサービスを行っているにも拘わ

    らずと思うのと”これって差別?”と思う所もあり、まあ仮にあっても現

    在青森にいるの私にはあまり関係ない事ではありますが好奇心からお聞き

    したいと思います。(かつてよく行ってた東京の映画館もなくなったり名

    前や経営が変わったりと思い出がなくなった感じで寂しい限りです・・)

    Comment by Mr.bond — 2008年4月12日 @ 9:20 PM

  2. はっきりいって東京はそんなことしなくてもお客さんが来るからなんでしょうねー。料金については、それぞれみんないろんな努力をしているわけですが、それも映画あっての集客なわけで、エスカレートしてもねー。商売ですから。レディス・デイも大手がやりはじめてみんな追随しただけなので曜日的には統一性はないです。ましてや学生や男性の均一に関して言えばみんなばらばらです。ただ言えることは安くするのは簡単ですが、上げるのは大変と言うことです。

    Comment by dict — 2008年4月13日 @ 12:51 AM

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト