2011年12月13日

人生にギターが必要な人にも必要でない人にも

Filed under: 今日のダニー — tanita @ 8:01 PM

「ゲット・ラウド」<12/10~12/23>

U2のジ・エッジ、元レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジ、元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトという3世代を代表するロックギタリスト。その3人がギターを手に取り、極上のセッションを迎える。ギターファン必見のロック・ドキュメンタリー。
 それぞれのギターのルーツを旅して光と影にせまる監督は「不都合な真実」のデイヴィス・グッゲンハイム
ジ・エッジはアイリッシュの、ジミー・ペイジはジェントルマンの、そしてジャック・ホワイトはやっぱりヤンキーの血が流れていてそれがギターになっていってるんだなー。
僕としてはやっぱりレッド・ツェッペリンの「天国への階段」でダブルネックを弾くジミー・ペイジがかっこよかった。

 

 

2件のコメント »

  1. 最終日の最終上映に、何とか滑り込んで観ることができました。ジミーペイジ本っっ当にカッコ良い!!!改めてツェッペリン引っ張り出して聴きました。また素晴らしい映画を、観られて良かった。感謝です。

    コメント by macky — 2011年12月27日 @ 1:04 PM

  2. ありがとうございます。また、こんな感じの映画来年もやります。

    コメント by tanita — 2011年12月27日 @ 8:23 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト