2008年2月10日

あおもり草紙

Filed under: 今日のダニー — dict @ 2:07 AM

青森県のタウン誌?あおもり草紙に青春映画館というコーナーがあって、最新号「青函連絡船」の特集号に「小屋育ち」という題名で書いています。最初の写真は小学生の頃ネブタの時期に写した1枚で。ならず者風の兄ちゃんとツーショット。といっても一緒に写したわけではなくて単なる偶然と思いますが、それでも今時はこんな風に裸にシャツ1枚羽織って歩く人は見かけないので、なんか時代を感じさせお気に入りの古写真です。看板には「網走番外地」と「座頭市」毎日映画を見てすごしていた頃です。今回は大学を卒業して帰ってきたところでお終い。次号に続きます。ところが、この後の次号が難しい。本当はシネマディクトになるまでを書けばいいのだろうけれど、書けないことがありすぎて・・・。どうしましょう。

4 Comments »

  1. メールなどの質問する手段が見当たらないので、こちらから失礼します。
    今後の上映予定にあります「バレエリュス」はいつごろの公開になりますか?
    予定が記載されている五月以降になるのでしょうか?

    Comment by めめ。 — 2008年2月11日 @ 12:26 AM

  2. メールは dict@cinemadict.com へ。
    よろしくお願いします。

    Comment by dict — 2008年2月11日 @ 9:30 AM

  3. こんにちは。あおもり草紙の記事拝見致しました。
    私も館主様と年代(40歳になりました)は違いますが小さい頃は映画少年でした。そのせいか写真の劇場を見ると懐かしくなりました。入り口上の手書きの上映映画の看板。南側(国道側)建物横のジグザグ形状の壁など良くおぼえております。館内ではスクリーンが正面にくる2階席から鑑賞するのが好きでした。

    この記事をウチの親父に話すと昔まだ国道が舗装されていない頃、仕事で親父がトラックを当時の御劇場の横へ停車させると表を掃除していた館主様のお爺様がすっ飛んで来て怒られたそうです。まさか社長が掃除しているとは思わなかったらしいです。

    そんな思い出もあり、この記事は私にとって興味深い物です。ホントは最後の文面にある書けない事が知りたいのですがまあ無理として次号の記事に期待致します。

    Comment by Mr.bond — 2008年2月28日 @ 8:50 PM

  4. Mr.bond さん、書き込みありがとうございます。昨日3月3日後編やっと書きました。やっぱりシネマディクトまでたどり着けませんでした。おとうさん、ごめんなさいね。たぶん前掛けして掃除していたんだと思います。あきれるくらいのゴンボホリでしたから。そのことは津軽学3に書いています。

    Comment by dict — 2008年3月4日 @ 10:07 PM

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト