2011年6月12日

桃色淑女

Filed under: 未分類 — tanita @ 10:08 PM

青森市に拠点を置く劇団「なべ源」の今回の出し物は、歌って踊ってのミュージカル?仕立て「桃色淑女」。田中耕一さんと畑澤聖悟店主とのデュエットには驚いた。いつもながら三上君は肉雄に似ている。今回もイラツク演技はグッド。晴佳ちゃんのグッドラックは素敵だった。そして三上陽永。なかなかな若者。こんな青年が青森出身で東京で活躍しているとは。映画に早く出なさい!。
そして工藤千夏ドラマターグ。演劇には、いろいろな表現方法があるのだなーと、感心したが、個人的には、わかりにくかった。願わくは”死”の匂いのしない演劇が見たい。店主が天才的な人なのだから、それを使わない方はない。バカが好きだ。昔から、映画でも演劇でも。

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト