2007年11月18日

ムーラン・コラム 1

Filed under: ムーラン・コラム — dict @ 9:11 AM

青森市古川の市場にあるカフェ「ムーラン・ルージュ」のメルマガのコラムを、たまに書いているので、これもついでにのせます。

何を隠そう甘党である。しかも大酒のみでもあるから始末が悪い。昔から和菓子も洋菓子も大好き。子供のとき仙台で親戚のおばあさんに白松が最中を出されて8個食って驚ろかれたり(こっちは、せっかく出してもらった最中だから残すのは失礼だと思ってがんばって食ったのに、あっちは何ぼでも食うワラシだと思っていたらしい)。テレビのクイズ番組で、なぜか串団子の早食いがあり制限時間内に5皿みんな食っちまってディレクター慌てさせ、結局ぶっちぎりの8皿完食!しかも優勝してしまった。羊羹つまみに酒も飲める。実際出してきた飲み屋もある。洋菓子もケーキ、チョコレイト、クッキー。マルコリーニからミスターイトウのチョコチップ・クッキーやジャンク系までとにかく菓子好き。新しいお店ができるととりあえず行く。平たく言えば食いしん坊なのだ。そんな僕にコラムを書けとミルキーチーズケーキ愛好会から依頼が来たから、やっぱり甘いものについて書いたほうが良いんじゃないかと、こんな感じで思いつくままに書いている。初めて食べたチーズケーキは、たしか松木屋の近く、善知鳥神社の隣にあった「しろたえ」のレア・チーズ・ケーキだったと思う。ずっと前に青森棄てて東京赤坂に居を構え今では赤坂でも老舗となっちまったがここのケーキは今でもあの頃の「しろたえ」のまま。シュークリームも名前忘れたけど三角屋根のハイジのお家の形で窓のところがバナナだったチョコケーキ(マロンで同じ感じのケーキがあってショコラという名前で食べられます)やレア・チーズ・ケーキも東京の赤坂の味になっている。レア・チーズ・ケーキはあの頃の中学生には、すっぱくて大人の味に感じたのを覚えている。アマアマのお子チャマだったんです。大学生のとき(それでさえ20年も前だが)赤坂に行くことがあって「しろたえ」に行った、店の雰囲気やケーキが同じだったのが、なぜかひどく寂しい気持ちになったのを覚えている。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト