2006年12月24日

鉄コン筋クリート

Filed under: 奈良屋通信,幕間小話 — dict @ 12:00 AM

今、外国ではクール・ジャパンといって日本の食や文化がブームらしい。すし屋が世界の大都市では普通にあるようになり、それどころか、あんまり変な日本食 が横行するので、ちゃんとした日本食に、お墨付きをあげようとしたら自分のことは棚に上げ、異文化にちょっかいを出されるのを嫌うアメリカのメディアが、 異常反応をおこしているほどだ。そして“オタク文化”マンガ・アニメ・ゲームも世界中にファンがいる。その中でもアニメは、もはや本家日本も巻き込んで ボーダレスの世界だ。「鉄コン筋クリート」は、そんなアニメーションの世界で、今一番注目されているどころか、“この作品がこれからのアニメの指標とな る”とまで言われている作品。原作は「ピンポン」「青い春」など映画化されると何かと話題になる松本大洋の傑作マンガの映画化。義理と人情の架空の街“宝 町”で自由に飛びまわる2人の少年クロとシロの冒険をダイナミックに描く。監督のマイケル・アリアスは、もともとはコンピューター・ソフトの開発者でアメ リカのコンピューター・アニメの第一人者。じつはこの人、日本に来て、おもちゃ屋さんでフィギアを見ながら「おぅ~バルタン星人~」なんて日本語で言う正 真正銘のオタクなアメリカ人。その彼が原作マンガと出合って、どうしてもアニメ化しようと長年苦労を重ね、さまざまな人々に支えられてやっと完成したのが 「鉄コン」なのだ。アニメだけではないが、思い入れが強いほど、いいものが多いのは世の習いでもある。日本で生まれアメリカ人によって作られたアニメ映 画。映画の宣伝文句を専門用語でジャックというのだが、「大人の女性でも見て絶対裏切られない感動作」「映画館で見たことを自慢したくなる映画」ジャック も凄いや。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト