2007年7月10日

陸奥新報 (想い出シネマ) 「陸軍中野学校」

Filed under: 奈良屋通信 — admin @ 7:10 AM

青森市の古川にあった奈良屋劇場(今のシネマディクトの場所)で生まれ育った僕は毎日映画を見て育った。

あの頃、昭和40年代は、毎日お客さんや働いてい る人がうなっていたような記憶しかない。

もちろん、家族も皆働いているわけで子供なんか、かまっている暇などない。津軽でいう“なげわらし”だった。それ なら友達と野球やなんかしていたら良いのだが、劇場がある夜店通りは、小学校の学区の境目で、通りをはさんで小学校が違った。

自然に学校が違うと、それま で遊んでいた子供たちともなぜかしら疎遠になるもの。しかも、こっち側は県庁や県病、裁判所などの官庁街の近くで、あまり近所に同級生がいないという、ワ ンダフルな環境も整っていたために、日々、映画ばかり見ていた。当時の奈良屋は全国的にもめずらしい東映、大映、日活、東宝、松竹、いわゆる5社全部の映 画の二番を上映する二番館だった。

最初に公開される映画を、フィルム缶の包装の封を切るという意味で「封切り」と言うのだが、その封切り映画の上映が終 わった後、少し期間を置いて上映するのを二番と言った。うちは、その二番の映画を週代わり3本立てで料金も安くして公開していた大衆向きの映画館だった。 なんたって錦之助、勝新、裕次郎から若大将、寅さんまで、良いとこ取りで、他の封切館より安くて3本立てなのだから人が来ないわけがない。

そんな中で、僕 のお気に入りは「駅前シリーズ」や「社長シリーズ」などのお笑い物。一心太助や水戸黄門などの時代劇など、何でも見ていたが、一つだけジイチャンから「み たらあかん」命令(うちのジイチャン京都生まれで死ぬまで関西弁だった)が出ていたのが、37歳の若さで夭折した大スター市川雷蔵の「眠り狂四郎」シリー ズ。その時は、なんで見ちゃ駄目なのか売店のオネーチャンに聞いて困らせもしたが、しっかりかくれて見ていた。でも、“円月殺法”以外は子供にはイマヒト ツの映画だった。僕にとって雷蔵といえば「陸軍中野学校」の方がおもしろい映画だった。当時TVで「スパイ大作戦」が流行っていて、おもちゃの「スパイ手 帳」が宝物だった僕は日本のスパイ映画の元祖に、とても感激したのだ。それまでの市川雷蔵は、どこか冷たい感じがしてあまり好きじゃなく、時代劇ならば、 錦之助や三船敏郎の方が明るくて、わかりやすかったから好きだった。ところがスパイ役の雷蔵は、その冷たい感じがなんともカッコヨク感じられて、好きな俳 優の一人になった。その後、シリーズ化された雲一号指令、竜三号指令、密命、開戦前夜と、それぞれのサブタイトルも、なにげにカッコヨク感じられた。街の 床屋や銭湯に貼ってもらうポスターの下ビラ書きに使う太字のマジックペンで部屋の天井に「陸軍中野学校」と意味もなく大書して叱られたことを今でも覚えて いる。こうして書いていくうちに、「大魔神」「悪名」「白い巨塔」「座頭市」「女賭博師」あの頃の大映映画が見たくなった。

1件のコメント »

  1. これはコメントの表示例です。
    削除や編集を行うには、管理画面に入室してこの投稿のコメントを表示させてから操作してください。

    Comment by Mr WordPress — 2007年7月10日 @ 7:10 AM

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

ccopyright©2001Cinema dict シネマディクト